« MacOS 10.3.4アップデート | トップページ | ル・マン24時間 »

2004.05.31

こぼれ落ちる

負けた話を2つ。

まずは中日-阪神戦。
下柳が被安打1と完璧に抑えながら、9回、ウイリアムスが被安打ゼロでサヨナラを献上.....。四球にエラーと、一人でジタバタしてしまったのぉ>ウイリアムス

打撃陣はというと、たとえノーアウト満塁でも、6番以降に打順が回ったら点が入る気がしないという、ひどいことになってますねえ(__; 事実、一昨日のノーアウト満塁は暴投による1点のみ。昨夜も満塁を2度つぶす。これで負けない方がどうかしている(^^; 下柳と藪には、いっぱい借りができてるよなぁ。早いとこ返すよ〜に>打撃陣


さて次はF1、ヨーロッパGP。
佐藤琢磨が予選2番手と、歴史的快挙。決勝も期待できるかもしれない...となれば、たいしてF1好きではないんだけど見ておかねばなるまい...と、風邪っぽくて寝ればいいのに見てしまった。さらには、佐藤琢磨もたいして好きではない....というより、以前から強引な仕掛けが目に付き、アブナイ奴という認識。それでも、ひょっとしたら上位が全滅状態で3位に入った鈴木亜久里を越えるかもしれない。もちろん、亜久里の3位が軽いと思っているわけじゃありませんけど。てなわけで、今回だけは佐藤を応援してみようか...と、見始めたのですがぁ。

今回もスタート直後の1コーナー、出遅れを取り戻そうとして接触寸前。佐藤は完全にアンダーステアで、周りが避けなかったら、そこでレースが終わっていたかもしれない。で、問題の46周目、バリチェロのインへ強引に突っ込みフロントのウイングを破損、修理直後にエンジンブロー。佐藤自身は「マシンをコントロールしていた」とコメントしている(朝日新聞)けど、まるでグラン・ツーリスモ(PS2のゲームね(^^;)をやっているみたいだと思わせた、あのパッシングは危険。警告・罰金ものだと思うけどなぁ。

佐藤がF1でも速いのはわかった。
だけど、今回のような「アタック」はこれが初めてというわけではなく、以前から何度となくあった。もし、今後も繰り返されるようであれば、周りのドライバーから総スカンを食うのではないかなぁ。私ゃ佐藤琢磨のことは好きじゃないけど、そうならないことを祈る。学習しろよ>佐藤

というわけで、勝ち続けるフェラーリにも興味がないので、佐藤がコケた瞬間にテレビを消したのでありました(^^;

|

« MacOS 10.3.4アップデート | トップページ | ル・マン24時間 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

強引な仕掛けも思いがけないアタックも、私はいいと思うんですよ。
総スカンでみんなが避けてくれるようになったら、それはドライバーにとって願ったりかなったりです。

でもそれは、強引な仕掛けやアタックで、ちゃんと自分が生き残って前に出て、きっちり結果を残す、という前提があるわけですね…。
相手を弾き飛ばしても(もちろんペナルティを受けない範囲で)、自分は残らないと、まったく無意味なんです。
自分が損してんじゃ、ただのバカですよ。

ましてや、いまだ表彰台に立ったことのないドライバーが3位走行中のことですから。
ファンは、姿勢をアピールした、あれでこそ琢磨だ、とか言ってるようですが、そんなのは9位とか走ってるときの話ですね。
F3以下のカテゴリーならいざ知らず、F1のチームを背負って、あの仕事ぶりはいただけません。

昔から琢磨は、すごく頭のいい人なのか、普通じゃない人なのか、紙一重でよくわからない面がありましたが、今度のことで、ヤバイな、この人…という印象のほうがグーッと強まりました。

投稿: ぷ | 2004.06.02 19:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19203/685473

この記事へのトラックバック一覧です: こぼれ落ちる:

« MacOS 10.3.4アップデート | トップページ | ル・マン24時間 »