« 2004年5月 | トップページ | 2004年7月 »

2004.06.30

文字パレット内でヒラギノが文字化け

QuarkXPress4.1+OCFフォントを使う仕事が一段落したので、パッケージを開けただけで放っていた MacOS X 専用newCID(どうでもいいけど名前が長いっ)をインストールしました。

インストールそのものは、あっけないほど簡単に終わり、動作確認のためにIllustrator10を立ち上げる。ところが、文字パレット内のフォントを選ぶポップアップメニューで、ヒラギノだけが激しく文字化け。まさかnewCIDとIllustrator10の相性が悪いなんてことはあり得ないよなと思いつつ、FontBookで無効にしてみても変わらず。当然っちゃ当然だけど、いちおう試してみないとね。

で。
Adobeサイトのサポートデータベースで検索してみたら、あっさりと対処法が見つかりました。
文書番号223124「文字パレット内で OpenType 書体が文字化けする」

ただ、この文書では「ディスク/ライブラリ/Application Support/Adobe/TypeSpt/AdobeFnt05.lst」を削除するように書かれていますが、私のところでは「ホーム/ライブラリ/Application Support/Adobe/TypeSpt/AdobeFnt05.lst」を削除したら解決しました。MacOS X の理屈の上からは、後者が正しいように思えるのですがね〜。

また、Photoshop7.0でも同様の文字化けが発生していましたが、上記ファイルの削除はIllustrator10に対するものだけのようで、同じ場所にあった「AdobeFnt06.lst」と「AdobeFnt07.lst」を削除してみたら無事解決。これらのファイルは、削除後にアプリケーションを起動すると新たに作り直されるので安心して消すことができます(^^;

さて、文字化け以外は不具合はなく、無事に入力もできるしアウトラインも取れます(あたりまえ)。
MacOS X 上での動作が確認されたので、Classic環境にもインストール。その後、システムフォルダ>フォント にインストールされているnewCIDをシステムフォルダの外に出して、Adobe Type Manager Deluxue でON/OFFできるようにしました。Illustrator8/9はOCFとCIDの区別ができない(PostScript nameが同じため)ので必要に応じて切り替える必要があるのです。ああ、めんどくさ。

最後にPDFへのエンベッドができることを確認し、動作確認終了〜。
それにしても、自分のトコで使えるフォント形式が増えただけで、書体が増えたわけではないというのが気分的には微妙(^^;

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2004.06.19

MacOS X 専用 newCIDが届いた

4月末までだった「FD版newCIDからMacOS X専用NewCIDへの交換キャンペーン」に期限ギリギリに申し込んでいたんですが、ブツがやっとこさ届きました。署名捺印してFAXでモリサワへ返送した受注書が、なぜか担当部署に届かなかったみたい。再度送ってくださいと言われたFAX番号は、受注書のいちばん上に書かれていたものと違っていたのが謎。私が最初に送ったものはどこに行っちゃったんでしょうか....。

いそいそとパッケージを開けてみると、CDが1枚、ポツンと入っておりました。MacOS X専用NewCIDって、これに全書体が入ってるんですね?? で、インストールキーを入力すれば、ライセンスがあるフォント(あるいはパック)がインストールできるようになると。簡単になったなぁ。FDのときは、延々ディスクチェンジャーの人になっていたものなぁ(^^;

進行中の仕事が一段落したらインストールすることにしましょうか。あ、いまインストールされているCIDは削除しないといかんのね。って、そりゃそうだ。

さて、次はOpenType優待販売10書体分(60,000円)を稼がねば。いつになったらOS X でのDTPのリクエストがあるんだろうと、ふと我に返ったりもするのでありますが....(^^; ま、newCIDに関してはOS 9 上でも使えるのでマル、と。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.06.14

おめでとう>チーム郷

ル・マンの夜が明けると、チーム郷のアウディ5号車がトップに立っているじゃないか....。アウディUK88号車に何があったんだろう?? ESPNのぶつ切り中継では流れがよくわからん(^^;

2台は同一周回・30秒差。残り1時間をこんなにドキドキしながら見たのは、数年前、TOYOTAがゴール2時間前までトップに居ながらトラブルで後退したときと、その翌年、再びTOYOTAが残り1時間、同一周回の2位で猛然とプッシュしていたときにタイヤがバーストして涙を飲んだ、あのとき以来。

残り3時間でのピットアウトの際、給油ノズルを抜くのが一瞬遅れて漏れたガソリンに火がつき、ドライバーがクルマから離れたときは「今年も運がないのか....」と絶望的になったけど、今年は違った。すぐに消し止められ、他のピット前に止まったマシンにクルーが手を貸したのに対してのペナルティもなく、以後はほぼ順調。終了間際はアンダーがひどかったそうで、ヒヤヒヤもんでありましたが。

いやぁ〜〜〜。良かった良かった。
これまで、ル・マンでは不運なトラブル続きで苦労してきたものなぁ。

日本チームとしてはマツダ以来のウイナー。日本のプライベーターが勝ったのは、もちろん初めて。ドライバーの荒は関谷さん以来の日本人ウイナー。同じくドライバーのトム・クリステンセンは、ル・マン5連覇。あのジャッキー・イクスの通算6勝に並んだそうな。とんでもない....。そういう、とんでもないドライバーと強いマシンが揃っていても勝てるとは限らないのがレース、ましてやル・マン。いやいや、ほんとによかった。

解説の本山が「人のことなのに、なんでこんなに応援してるんだろ」って言ってたのが笑えた(^^;

例年、最後の10分ほどはコース脇のオフィシャルがフラッグを振ってパレード走行となるのが、今年は違うチームの2台が競っていたため、24時間めいっぱいレースしていました。最初は「ワークスが居ないル・マンってどうなのよ??」と思っていたものの、終わってみれば最高に面白いル・マンでありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.06.13

ル・マン24時間

今年のル・マンの中継は例年のようにテレビ朝日でやらないようで、ESPNかPPV(こちらは放送も24時間)でしか見られないのね。さっき、ESPNでスタート後1時間までの放送を見たけれど、今年はワークスが参加せず、すべてプライベーター。ただ、このところ図抜けて速いアウディのマシンは4台走っているので、順当に行けばその中からウイナーが出ることになります。それでも、なんたって24時間。その間になにがあるか分からないのではあるけれど、アウディのマシンは壊れないからなぁ....。

と思っていたらアウディUKの2台のうちの1台(何号車だったか...)がフォーメッションラップ中から青白い煙を出していて不穏な雰囲気。チーム郷のアウディも一時コース上でストップしたもよう。チーム郷はこれまで苦労しながらも着実に戦闘力のある体制を整えてきて、今年は優勝候補にも挙げられていただけに残念。ちょっと応援してるんだけどなぁ。もう1つの日本勢、アドバン近藤の童夢・無限9号車も7周目(だったか)にピットイン。ルーティンのピットストップとは思えないので、これまた何か起きているか起きつつあるのか。

あ、そうそう。
フェラーリでWRCの元チャンピオン、C.マクレーが走ってるのね。
応援しちゃうぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年5月 | トップページ | 2004年7月 »