« サインツ勝ったぁ〜〜〜 | トップページ | モリサワOpenType--6,300円での優待販売期間が延長されていた »

2004.07.28

やっとExtensis Suitcase X1 日本語版

MacOS X 10.3 Panther に対応していなかった Extensis Suitcase 10.1JがようやくバージョンアップされてX1(イレブン)が出ます。英語版はだいぶ前に出ていたんですけどね。

●ソフトウェアToo.
製品情報/Extensis/Extensis Suitcase X1

MacOS X でのフォント管理は標準でインストールされている「Font Book」がありますが、あるフォントを「無効」にすると、当該フォントファイルをFontsフォルダーから出してしまいます。これでは OS 9 環境の ATM Deluxe のように、「フォントリストに登録したまま使用停止にする」ことができず、使い勝手が悪すぎる。ATMはOS X に対応しないのがはっきりしているので(フォントのラスタライズをシステムレベルでやるので、これは当然)、MacOS X でのフォント管理ユーティリティは Suitcase X1 または マスタージャグラー 3.0 の2つが選択枝となります。

どちらも機能的に差はないようだけど、大昔に買った(けど使わなかった)Suitcase 8Jからのアップグレードが7,350円。Amazonではマスタージャグラー3.0が7,974円。たいして違わんなぁ。インターフェースで決めるか。と書いたところで「マスタージャグラー3.0はアクティベートがおっそい」と書かれているを発見。ううむ、それはいかんな〜。

なお、Suitcase X1の対応OSは「10.2.6〜10.3.3」、マスタージャグラーは単に「10.3」となっているので、最新の10.3.4でも大丈夫なのか確認する必要がありそうです。Norton SystemWorksで懲りているので(^^;

|

« サインツ勝ったぁ〜〜〜 | トップページ | モリサワOpenType--6,300円での優待販売期間が延長されていた »

Macintosh」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19203/1073267

この記事へのトラックバック一覧です: やっとExtensis Suitcase X1 日本語版:

« サインツ勝ったぁ〜〜〜 | トップページ | モリサワOpenType--6,300円での優待販売期間が延長されていた »