« 2004年8月 | トップページ | 2004年10月 »

2004.09.22

OpenType導入延期。替わりにWinマシンが(^^;

「とっとと申し込んでしまおう」と書いたOpenTypeの優待販売ですが、代金の振り込み直前になって方針変更、お代はhpのマシンに化けてしまいました。冷静に考えたら、使用中の初代バイオ君(もらい物(^^;)では何かと不都合・不便なことが多くなってしまい、いま必要なのは OpenType ではなく Windows XP のマシンであるという結論。なんとWinマシンを買うのは25年のパソコン歴で初めてという、なんともはやなお話であります。しかし...、Winマシンを買うのは、なんか悔しい(意味不明)。iPodが買えたなぁとか、もう少し足したらAdobe cs のアップグレードができたなぁとか、いらんことばかり考えてしまいます(^^;(OpenTypeはどこに行った??)

とはいえ、WindowsでDTPするつもりはさらさらなく(MacOS X の環境整備も済んでないのにとんでもない!)、もっぱらWeb方面オンリーな使い方になるんですけどね。ほんとはLANだけで外部には繋ぎたくないんだけど、それはそれで不便そうだしなぁ。相対的に平和なMac生活が長いもので、なんでもありのWindowsウイルスは怖いっす。カムカム・エブリバディでは問題がありすぎるから、とりあえずノートン・アンチウイルスは買いましたけど。

ブツが届いたら、なにはさておきセキュリティホールの穴埋め作業ですね。それとも穴埋め状態で出荷されるんかな〜?? 謎。

ほいでもってOpenTypeの購入は、優待販売(10月からは8,400円/1書体)が終わる来年9月までになんとかしないと定価で購入ということになってしまいます。なんとかなるんだろうか(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.09.07

台風18号

どえらいことになってますねー>台風18号

報道の中で1991年の通称「りんご台風」が取り上げられてましたが、そのときも今回と殆ど同じコースで、実家のある熊本では県内約半数の世帯が停電し、一部地域は(実家含む...)その後3日間も停電が続いたり、私の部屋が雨漏りしてMacとプリンタがオシャカになりかけたりと大変なことになったのでした。で、今度もヤバイ、どうしてるだろうと電話してみたら、「あ〜。屋根が飛んだ」と母親。

「はあっ!?」
「あ、いや。畳2枚分ぐらい瓦が飛んだ」
脅かすんじゃない。全然違うぞ、まったく。でも、やはり(元)私の部屋が雨漏りしているそうで。あ〜あ。いまごろホームセンターではブルーシートの在庫がなくなっているんだろうなぁ。りんご台風のときは瓦の生産が追いつかなくて、完全復旧には数ヶ月かかった記憶があります。

九州の人間は台風には慣れているはずだけど、「こんどのは怖かった」と言ってました。ともあれ、家族や親戚がケガしたようなこともなくて、ひとまず安心。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ATOK17 for MacOS X のUG申し込みはひとまず保留

ジャストシステムから「ATOK17 for MacOS X が出るよ〜ん」のDMが来ました。

類似する言葉を候補として表示する連想変換、フレーズの言い換え(ありがとうございました→お世話になりました)や、くだけた表現の訂正支援、電子辞書との連携あたりが今回の目玉機能になるのかな。

ATOK16にも付いている入力支援や校正支援、推測変換は意外に役に立つことがあって、煩わしいなーと思いながらもOFFにできずにいるのですが(^^; これ以上の付加機能は正直なところ、もう要らないかなぁ...。ATOK16でも手書き入力や部首・画数での検索など入力手段は一通り用意されているし、unicodeへの対応もしているし、私の使い方ではこれで十分。自分の言葉を快適に書く機能よりも、どちらかといえば、原稿や赤字訂正に書いてある他人様の言葉を間違いなく(できるだけ)速く入力できる「基礎体力」を重視したい。だから、話し言葉が一発で変換できなくても、「こういうフレーズもありますよ」なんて言ってくれなくても、一向に構わないのです。そもそもオマケ機能だしなぁ。

というわけでATOK17へのバージョンアップは当面見送りなんですが、例によってバージョンアップの申込期間が短くて、今年いっぱい。様子を見ている間に来年になってしまいそうな。次期バージョン発売まで、いつでもできるようにしてくれないもんかなー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.09.05

ラリージャパン終了

ラリージャパンはソルベルグの勝利で終わり、レグ1の結果からは意外なほど2位以下が離れてしまいました。レッキで作ったペースノートが実際には合わなかったチームが多かったようだけど、一部には「甘く見ていた」という声もあったとか(^^;

ともあれ、スバルは地元で勝利を決め、ポイントリーダーのローブはきっちり2位で完走、サインツも5位で完走してシトロエンはマニュファクチャラーズ・タイトル争いをますます独走し...で、みんなハッピーだったんではなかろうか。あ、またミッションが壊れたグロンホルムは辛いかぁ。

で、ESPNの特番を見ながら書いているわけですが。
むかし、九州のラリー・チャンピオンシリーズのオフィシャルをしていた頃に「走り方が1人だけ違う〜」と驚嘆したドライバーが走っている姿が1カットだけ映って懐かしかった。エントラントリストには、当時、雑誌でよく見たラリーやダートトライアルでのトップドライバーの名前がぞろぞろある。おいおいいったい何歳まで走ってんだよと思ったら、どうも字面が違う。息子なんだね。国内Bライはとっくに流してしまい、プレイドライブなんかのラリー雑誌も読まなくなって久しいけれど、ちょっと昔を思い出して遠い目になったのでありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.09.04

ラリージャパン始まる

WRC 2004 第11戦、ラリージャパンがついに始まりました。
ESPNの特番を見ましたが、日本の林道をWRカーが走る姿は新鮮。道が狭すぎてドライバーは大変そうですがぁ。30km〜40kmのロングSSがないので、最初からプッシュしないと置いて行かれるだろうという戦前の予想どおり、レグ1はソルベルグ・ローブ・グロンホルムが飛び出して、4位のマーティンは3位に43秒遅れと少々苦しい展開。それでも、道が狭いだけに、少しスライドしすぎて側溝にはまって出られなくなる(横っ飛びした勢いで側溝をまたいでしまって、どうしようもなくなった例もあり(^^;)という、国内ラリーではよくあるリタイアで上位が落ちることもありうるし、タイム差だけではまだ分からないかなぁ。「ホーム」のスバル・ソルベルグはプレッシャーで大変だな。

ところで、NHKのニュースでもラリージャパンが取り上げられていましたが、これがまたひどかった....。映っていたのはプライベーターのGr.Nだけだったし、「舗装されていない道をタイヤをとられながらも巧みなハンドルさばきで...」なんて言ってるし(^^; ま、こんなもんか。それにしても、ワークスのクルマは放映しちゃいかんとかいう決めごとでもあるんかいな。

ESPNの特番も内容的には見るものなかったなぁ。番組序盤は「DAY 0」的で退屈。雰囲気はなんとなく掴めたけど、各ステージのタイムやら誰にどんなことが起きたのかが、さらっとしか触れられていなくて、レグ1の順位が分かっただけ。本家の番組のようにはいかないか...。

しかしまぁ、ギャラリーはよく集まってますねぇ。昨年のアルペン・ラリーで側溝にはまった奴田原が泣いたように、ギャラリーの目の前でコースオフしても助けてあげられない(だろう)から、選手側からするとアテにならんのだけども(^^;

ともあれ無事に終わって、来年以降も続きますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.09.01

iMac G5 は「買い」か?

こんどの iMac G5、第一印象は「あ、これは新しいMacPlusだ」。
自転車のカゴには入りませんが。

LANをAirMacにして、キーボードとマウスもワイヤレスにしちゃえば、「線」は細い電源ケーブルだけ。ディスクの増設なんかはできないとはいえ、タワーG5の巨体と比べると、よくモニタの中に入れたもんだ。ある意味、でかいノート(たためるわけじゃないけど(^^;)とも言えるような...。

初代iMacも、"おまんじゅう"iMacも全然欲しくなかったけど、このiMacG5は欲しいかも〜。20インチなら仕事にも使える。シングルプロセッサだからヘビーな作業にはどうかと思わないでもないけれど、それでもたぶん十分速いわな(^^; 

DTPerの私としてはOS9に見切りをつけるのは早すぎるけど、G4(シングル500MHz...)が1台あるし、次に買うのはG5と決めています。当然ながらタワーG5のデュアルが筆頭候補ですが、iMac G5 でも十分じゃないかと思えてきました。

だけど現状を考えると、当面、G5は要らないのよね(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年8月 | トップページ | 2004年10月 »