« 架空請求ハガキ再び | トップページ | 今日のお買い物 »

2004.10.15

福祉機器展に行ってきました

東京ビッグサイトで開催中の福祉機器展に行ってきました。お目当てはクルマ、それも手動運転装置関連のみという、ピンポイント攻撃です。疲れなくていいや(^^;

ところが今年は新型車やモデルチェンジしたベース車両を従来の手法で福祉車両化したものがほとんどで、手動運転装置の新しい提案や改良といったものが殆どなく、やや肩すかし状態でありました。その中で、ちょっと面白かったのはダイハツ・ミラの専用車いすごと乗り込むタイプ。ニュースでも紹介されていたので、ご覧になった方もおられるのでは。東京モーターショーでお披露目され、今回、さらに改良が加えられたそうな(詳細不明)。

で、試してみました。
専用車いすに乗った状態でリフトにドッキング(^^; したあと、リモコンで電動のリフトを操作します。リフトの動きはかなりスムーズでいい感じ。ただ、ゆっくりと動くので、雨降りだとけっこう濡れちゃうかもなあ。シートベルトはドアの開閉に連動する形式になっていました。

専用車いすはクルマのシートに車輪を付けました、という形式で、座り心地はクルマそのもの。衝突時の強度をはじめとするクルマのシートとしての性能(リクライニングができないというトンデモなこともあったりするけど)が優先されるせいか、車いすとしての性能には疑問符がたくさん付いてしまいました。せっかく車いすで乗り込めるんだから、通常の車いすは家に置いて出かけたくなるのが普通の感覚だと思うのですね。ラゲッジスペースが限られている軽自動車だから、なおさらです。ただ、専用車いすの重量が35kgと重いので、自力で車輪を回すにせよ、押してもらうにせよ、ちと大変そう(^^; 介護者がいる状況で、自宅とクルマの間を移動するためのものと考えるのが現実的なのかなぁ。

とまぁ、いろいろ細かい不満はあるものの、ダイハツがこういうのを作ったことは評価したいなぁ。もっと熟成させて市販してほしいものです。私にはたぶん要らないけど(^^;

さて、最大の収穫だったのは実はクルマではなくて「オフロード車いすダウンヒル・マシン」(^^; 前輪はダブルウィッシュボーン風のAアームで路面に対するタイヤの高い追従力が期待できます。なんでも、マツダがサポートして大会が開かれているそうで。こんなものがあるとは知らなかった....。すっごい面白そう(^^; 私はそのむかしダートトライアルをちょこっとやっていた奴なので、こういうのには弱いです。そそられるなぁ。今年はもうシーズンオフで、GWのころに再開されるとか。なんとレンタルマシンでの体験もできるそうです。わはは、こりゃいいや。

ところで、このエントリーのカテゴリを「モータースポーツ」にしようかと一瞬考えたけど、やっぱり「日記」にしておこう(^^;(エンジン、ついてないしね)

|

« 架空請求ハガキ再び | トップページ | 今日のお買い物 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19203/1683676

この記事へのトラックバック一覧です: 福祉機器展に行ってきました:

« 架空請求ハガキ再び | トップページ | 今日のお買い物 »