« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »

2005.05.13

懐かしいなあ!

今日から交流戦初のホーム開催。
ホームでは1979年〜81年のユニフォームの復刻版でやることになったわけですが....、いやぁ、懐かしいなあ〜〜。強そうじゃないか。

で、なんでこの時期のユニフォームなんだ?? と公式サイトで調べたら、岡田監督が新人王を獲った年のものなんだね。なるほど、分かりやすい。個人的には、その前のユニフォーム、ズボンに黄色と黒のラインが入っているやつが阪神のイメージかな。田淵-江夏時代ですね。今年の復刻版はそのあとの岡田-掛布時代。

というわけで、いまの背番号31が右バッターボックスに入っているところ。
うーむ、しみじみ。あ、三振......。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.05

片づいたけど、そこはかとなく寂しい

文庫本40数冊とハードカバー2〜3冊をクルマによっこらせと積んで、ブックオフに行きましたよ。買い取り価格はしめて1,650円。ちまちまとヤフオクやAmazonマーケットプレイスで売るようなマメな性格じゃないから値段はもう二の次で、とにかく片づいたんだからいいんだけど、なーんとなく寂しいのはなぜ。

ブックオフのCMでは、清水國明が「これ、いい本ですよねぇぇぇ...」と感涙を流していますが、ブックオフの買い取りって本の価値や中身はまったく斟酌していないわけで(ここらへんの話はサイドバーの「Book@Mark」に載せている『だれが「本」を殺すのか』が詳しい)。やたら古いやつや規格外の変形本には値段がつかないし。もちろん清水國明に罪があるわけではないけれど、何言ってんだか...と腹立たしくなる活字好きです。

だもんで、とにかく今すぐ片づけたいのだ、という時にしか売りたくないのよね。捨てるのは論外として、その本を気に入ってくれる友人知人にあげちゃう方がいいや。実際、「返さないように(^^;」と宣言して貸す(じゃないな、押しつける??)ことが、よくあります。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005.05.02

片づけると散らかるんだよね...(2)

疲れたー......。
ここ数日で出した、燃えるゴミと燃えないゴミの総量が、45リットルので10袋ほど。これに加えて第2水曜日の資源ゴミの日に出す本の山が1mほど。これまで、毎日の生活の中で出るゴミは極力ためないようにしていたけれど、なくても構わないものがいかに多かったか思い知らされております。だけど、床に置きっぱなしになっていたものが少しだけ本来の収納場所へ移動し、部屋が少しだけ広くなりました。ふぅ。

本棚の整理はひとまず終了。「風の谷のナウシカ・宮崎駿 水彩画集」なんてものが発掘されたりして、これだから本の整理は楽しいです。ヤフオクで売れるかな。しかし...、1m分の本を処分しても、いまなお1mほど溢れているのにクラクラ。後日、第2次本棚整理をしようかな。もうちょい削れるだろう....削りたい....削れるといいな。

さて、あとは押し入れの肥やしになっているMacやモニタの巨大な梱包材を処分しちゃうかどうか悩み中。前回の引っ越しは1300kmの長距離移動だったけど、今度は都内を数kmの移動だし、簡易梱包でも大丈夫のような...。いずれゴミになるものは今のうちに何でも処分しちゃえな気分の私です。

引っ越しは数ヶ月先ですが、気分だけはすっかり直前モード。
数日前からドタバタするのは性格的に許せない準備魔王なので、本番までに疲れ果てないか、やや心配ですが。

明日はチェックリストを作ろうかな(←早すぎる)。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »