« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

2006.01.21

セガラリー2006は高速ダートラゲームか

予約していたのが届いたまま放ってあった「セガラリー2006」をようやくやってみました(キャリアモード)。




で、印象ですが。
ん〜〜〜〜.....。これはラリーではないな....。
各イベントには、タイムアタック(SSですね)とレース形式(旧来のでおなじみ)のものがあり、レース形式のはともかくとして、タイムアタックでもラリーをやっているという感覚が非常に希薄です。公道を市販車ベースのクルマで走るという以外にラリーの要素が見あたりません。後述しますが、コ・ドライバーも半端仕事だし。なので、これは2人乗車のダートトライアルじゃないかというのが私の印象です(^^; 公道でダートラもないですけどねぇ。ビギナーイベントでは同じコースを3本走ってベストタイムを競うものがあったりするので、これはもう完全にダートラやジムカーナといったスピード競技の形態です。

これまでに走ったコースはおおむね3kmぐらい(コースの種類は多いみたいなので、いずれ長いのも出てくるのか??)で、走行タイムは1分ぐらい。ということはアベレージ180km/hほど。......ありえんやろ(^^; 問題のコ・ドライバーはペースノートを読むものの、なにも言わずにすっ飛ばすコーナーがちょくちょくあるので信用できない。さらに、タイムアウトがないキャリアモードにも存在するチェックポイントを通過するたびに「チェックポイント!」の効果音(声)でペースノートを読むのが中断されてしまうため、ペースノートをアテにしているとエライ目に遭います。そもそも次のコーナーしか告げてくれないので、2つ先のコーナーに備えた姿勢を作るのは不可能。コースを覚えて目で見て走るのがいちばんということになっちゃいますね。これではペースノートの意味がない(^^;

なので、これはやっぱり「2人乗車がレギュレーションで定められている世界のダートラ競技で、助手席の乗員はコ・ドライバーではなく基本的に荷物(爆)。コース情報はあくまで参考(うーむ)」、そういう世界なのだと思ってしまえばコ・ドライバーの中途半端な仕事にもあまり腹が立つこともなく平和のような気がします。

ところで、レースの成績が良ければスポンサーからオファーがあり、要求に応えられればボーナス(というか成功報酬だな)が出ます。スポンサーと契約すると車両にステッカーが貼られるのですが、こういう演出は楽しい。

さて、ドライビングフィールは良くも悪くもセガラリーで、ドリフトアングルをきっちり取れれば、ブレーキはほとんど必要ありません。最初、普通の感覚でブレーキングしていたら、あっという間に置いて行かれましたよ...。旧来の空中ガードレール(?)も健在で、激しくジャンプしても転倒やコースアウトの心配はありません。これが「WRC4」だと激しく落ちたり刺さったり転んだり...が一種の楽しみでもあるのですが....(^^;

というわけで「セガラリー2006」は、「ラリーのような雰囲気をまとったレースゲーム」。けっしてラリーゲームではありません。じゃあ、ゲームとしてはどうなんだというと、これはこれで面白い(^^; GT4やWRC4、リチャードバーンズ・ラリーといった「突き詰める」タイプのものばかり手にしていたせいか、久しぶりにクルマゲームをしたなあという感じですわ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.01.18

G5かIntelMacかで悩む

IntelのCPUが搭載された iMac と MacBook pro(このネーミング、どうにかならんのか)が出ました。公式発表では従来の2〜4倍のスピードといわれてますが、ほんとかなぁ。いずれにせよ、ネイティブ・アプリケーションが出そろうまで体感速度は定かではありません。

さて、iMac も MacBook pro も買うつもりはありませんが、デスクトップ(タワー)機とモニタは更新を予定しています。できれば近々やりたい。どっちかというと使用中の21インチCRTを液晶に替えたいのが課題(目が辛くて(^^;)なんですが、どうせならワイドディスプレイか?? なんて考えると、それなら一緒にマシンも更新しちゃえと。

んでも、なんか時期が悪い。まあ、IntelMacのデスクトップ機はいつ出るのか分からないし、出てもすぐに買うのは怖いし、仕事に使っているツールの動作に問題ないのを確認しないと話にならないし...なので、仮に今年前半に出たとしても購入は来年以降。つまりは事実上、現時点での選択枝は現行機のみと言っていいんですが、数年ぶりにMac本体を買おうというときに、さいしょっから新型(まだ出てないけど)を候補から外すのもシャク(^^;

そうポンポンとマシンを買い換えることはできないから、できるだけ寿命の長い機種を選びたいところですが、主力...というか唯一の仕事用MacであるG4/500MHzのマシン(グラファイトG4)では体力不足が露呈する場面が多くなってしまったので、即戦力のG5を「とりあえず」入れるのが現実的なんだろうな、やっぱり。さすがにQuadは手が出ないので2.3GHzデュアル狙い。この「とりあえず」が何年続くのかは謎(^^;

あとは、Intelチップに対応したアプリケーションが出るとき(AdobeCS3とか??)、PowerPCへの対応がどうなるのか、よくわからないのが不安っちゃ不安です。まさか、いきりなり切り捨てるようなことはないだろうと思いたいですが、どうだろうなあ〜。ベンダーが過去への投資をするだろうか?? 個人的にはあんまりアテにしないほうがいいような気がします。

というわけで新しいもの好きの血は騒ぐものの、いつになるか分からないIntelMacデスクトップ機は無視してG5を買っちゃおうと思っているところです。....思っていたら忙しくなりそうなので、購入は仕事が落ち着く3月以降かな。ああ、でも、もうちょい様子を見たほうがいいのか?? 悩む....。

ところで、買い換えを考えた途端に壊れるのがMac(クルマもだ)なわけですが、お蔵にするわけじゃないから機嫌を損ねないでよね>G4

Apple Power Mac G5 (Dual 2.3GHz, 512MB DDR2 533, 250GB, SD, GeForce 6600 256MB) [M9591J/A]
Apple Cinema HD Display (23インチフラットパネルモデル) [M9178J/A]

▲やっぱり、これでしょうか

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006.01.14

MAC DE 会計 (Basic) Release 5 を使ってみる

2月は忙しくなりそうなので、暇なうちに確定申告の準備を始めました。

これまで会計ソフトに有限会社ウィズ・ハートの「MAC DE 会計(個人編)」というベタな名前のやつを使ってきましたが、ウチにあるver.3はClassicアプリなので OS X で仕事をするようになった今では、Classicを起動するにせよ OS 9 でブートするにせよ面倒。なので、OS X 対応バージョンにアップグレードしようとしたら申込期間はとっくに過ぎていました。とほほ。最新バージョンの「Release 5」を新規に買うと58,000円。これはちと高い...。

次善の策として「MAC DE 会計 (Basic) Release 5」を購入することにしました。これは「Release 5」の簡易版ですが、機能面では、これまで使っていたver.3とほぼ同等なので不満はありません。ダウンロード販売のみで無償サポートはインストールに関することだけ(有償サポートはあり)ということで、お値段は18,900円(税込み)。ちなみに、8,190円の「MAC DE 会計 (フリーランス)」という製品もありますが、こちらは白色申告用なので購入を検討される方はご注意を。

数字は私が苦手とする最たるものですが、きちんと入力しさえすれば自分で計算をする必要はないんだから、作業としては嫌いじゃないです。もともとデータエントリーは得意だし速いし。ただ、すぐに飽きちゃいますけどね(^^;

1週間ぐらいかけて、ちまちまやろうっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.01.09

またやっちまった

きのう、友人を拾いに行くのにクルマを出そうとしたら、セルモーターが「キュウ...キュウ...キュ....カスッ...(沈黙)」。あ〜〜〜〜〜あ、完全にバッテリーがあがってる。昨年末にセルモーターの音がシブイのには気がついてたんですが、帰省で1週間ほど放っておいたため完全にくじけてしまったようです。ひゅるる〜。なんか、3年に1度ぐらいの割合で同じコトやっている気がするなあ。

しょうがないのでJAFを呼んで、とりあえずエンジンだけかけてもらって出掛けました。昔と違っていまのクルマはオルタネーターが優秀なので、ちょっと走ればなにがしか充電はされるものの、通勤がないSOHO者ゆえクルマの稼働率は低く、再び充電不足に陥るのは見えています。スタンドで充電を頼む手もあるけれど元にもどるわけでもないし時間もかかる。というわけで少々もったいないとは思いながら、ガソリンスタンドに寄って新品のバッテリーに交換。体の都合上、クルマがなきゃ電車で出掛けるというわけにもいかないから不安要素はつぶしておくに限ります。

.....そう思ってんのなら日頃のメンテをきっちりやればいいのに。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006.01.06

正月気分皆無の年末年始

ゆうべ、実家から戻ってきました。羽田へのファイナルアプローチに入ったころになって、そーいえば日が暮れてから羽田に着くのって初めてかもと思いましたとさ。滑走路端直前に丘がある熊本空港への夜間タッチダウンも気持ちの良いもんじゃないけど、黒々とした東京湾を低空で抜けていく羽田への夜間着陸も高度がわからなくて、ちょっとヤな感じ。いや、高度がわかったからといってどうにかなるものではないけれど。

それにしても今回の帰省はヒマでした。
iBookは持って帰ったけど、実家からはダイヤルアップでしかネットにつなげないので1日1〜2度のメールチェックぐらいしかやる気にならず。メールチェックなら携帯でじゅうぶん間に合うのに、なにやってんだか。

遊び相手の高校時代の友人は親父さんが入院中で大変だったり仕事だったりで、とうとう会えずじまい。かろうじて比較的近くに住んでいる友人には会えて、あの木村建設絡みの地元ネタを聞いたり、お互いの体に訪れている不具合(笑)を話したり。イベント(?)は2日に親戚の一部が集まったぐらいで、あとはひたすら本を読んでましたよ...。おかげで持って行った文庫本5冊は2日で読んでしまって、あとは部屋に残してあった本を漁ってしのいでいました。

むかしの同僚にでも(「にでも」と言わないように>自分)電話してみりゃよかったと思いついたのは、こっちに戻ってきてからだったのでした。わはは、すまん>該当者

というわけで、帰省中に届いていた年賀状を読みながら、ようやく正月気分を感じております。
ところで今年の年賀状の配達、遅くないですか?? 12月29日に投函した私のがまだ届いてないと言われたし、きのうの時点で届いていた数も少ないし。今日も10通以上届きました。ま、遅く出したんだから届くのも遅くなるのはしょうがないけれど、例年はここまで遅くはなかったよねえ。なんか事情が変わったのかな。

| | コメント (5) | トラックバック (1)

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »