« トリノといえばフィアット→アバルト | トップページ | 5年と18年 »

2006.02.17

MacOS X 10.3.9とiTunes6.0.2の組み合わせでアクセス権の修復ができない

iBookの動きがなんとなく不穏だったのでActivity Monitorで様子を見てみようとしたら起動しない...。こういうときはDisk Utilityでアクセス権の修復。ところが途中で「Disk Utilityとディスク管理ツールの接続が切れました。内部エラー」のメッセージが出て止まってしまいました。インストールディスクで起動してDisk Utilityを使っても同じ。AppleのTILに行ってもヒットせず。

ググってみたら、解決方法があっさり見つかりました。
ほ-むぺ-じたかはしさん1月12日のエントリー。

ハードディスク/Library/Receipts/" フォルダに有る「iTunes.pkg と iTunes4.pkg」を移動 or 削除する方法です。同じ場所に有る「iTunesPhoneDriver.pkg と iTunesX.pkg」は残してください。

無事にアクセス権の修復ができました。すばらしい。
...と思ったら、iTunes6.0.3が出てたのね。ひょっとしたら、iTunesのアップデートを先にやっていたら問題なかったのかな。

|

« トリノといえばフィアット→アバルト | トップページ | 5年と18年 »

Macintosh」カテゴリの記事

コメント

うむ。
アップデート、アップデートで来ている人は大変じゃの。
Tigerなら問題ないかもよ。

投稿: 大熊猫 | 2006.02.17 18:27

まったくね。どうしてこんなことが起きるのか理屈なんてサッパリ。
で、数ヶ月以内にはTiger搭載マシンにする予定...予定....予定。また違う何かが起きるんだろうな、きっと。

投稿: SALCON | 2006.02.17 20:03

わっありがとです。
10日くらい前から会社のG5のアクセス権修復ができないのでひそかにあせっていました。
おかげで修復できました!

投稿: hira | 2006.02.20 18:31

あ、いや、受け売り情報ですから(^^;
修復はできないわ、しょうがないからディスクユーティリティを終了させようとすると「途中で終了するとディスクが読めなくなるかも」と脅されるわ...で、心臓に良くない症状ではありましたね。

投稿: SALCON | 2006.02.20 18:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19203/8698640

この記事へのトラックバック一覧です: MacOS X 10.3.9とiTunes6.0.2の組み合わせでアクセス権の修復ができない:

« トリノといえばフィアット→アバルト | トップページ | 5年と18年 »