« フレッツADSLモアIIIとiPod用スピーカーの関係 | トップページ | スカーゲンの修理をする »

2006.06.19

inMotion iM3 その後

先のエントリーで「そこそこで鳴ればいいので、おおむね及第点」と書いた inMotion iM3 ですが、やっぱり音の輪郭がいまひとつぼやけているのをなんとかしたいと。なんか、音があちこちにバラけていて楽器がよく見えないのと、モコモコ感(こもっているのとは少し違う)があります。さて、どうしよう。

音がバラけているのは、スピーカーから出た音のかなりの部分が後ろへ回り込んでどっか行っちゃっているように思える。それなら、ちゃんと前に行くようにしてやればいいよね。後ろへ行こうとする音をブロックする、板状のものを背後に置いてやれば、多少はましになるんじゃないかな?? モコモコ感の根もたぶん同じ。そういえば普通のオーディオ用のスピーカーで、でっかい板にスピーカーユニットを付けたものの写真を何かで見た記憶があるような。それの超ミニ版ということでやってみよー。

ためしにA4の雑誌を本体後ろにかざしてみると....、お、ちょっといい感じ。とはいえ紙だとどうしてもデッド気味になるので、ホームセンターでアクリル板(白)を買ってきて久しぶりの工作をすることにしました。まずは型紙作りから。

写真:型紙写真:耐震振動防止材 プロセブン

アクリル板の装着は、本体と干渉して起きる(かもしれない)ビビリ音防止も兼ねて耐震グッズの「PRO7」で貼ろうとするも、PRO7の厚みがありすぎてアクリル板を差し込む隙間がなくなってしまい断念。やむを得ず両面テープで止めることに変更。大丈夫だろうか...。で、細かい失敗をやらかしながら、とりあえず完成。

写真:完成の図

右下のエッジがヨタヨタになっているのは、Pカッターでのケガキが足りずに、アクリル板がうまく割れなかったのでした。自分、不器用ですから...。ふっ。

さてさて、鳴らしてみると、これが想像していた以上に良い感じ♪ 音量が小さくても、今度こそ「そこそこ」で聞こえます。心配していたアクリル板のビビリもありませんでした。アクリル板の横幅をもっと大きくすれば更に良くなりそうですが、そうすると、ちっとも小さくなくなるのが問題です(^^; 現状でも既に小さいとは言い難いような....。

エッジが汚いとか真っ白で味気ないとか、ツッコミどころは満載ですが、とりあえずは良しとしましょう。ほんとは透明アクリルで作りたかったんですけどね。きれいに仕上げる自信がなかったので、ひとまず見送り。アクリル板をきれいにスパッと切るにはどうしたらいいんでしょ??

|

« フレッツADSLモアIIIとiPod用スピーカーの関係 | トップページ | スカーゲンの修理をする »

Macintosh」カテゴリの記事

コメント

へぇ〜、驚いたッ!
本当の音がどんなだか???
聞かせてもらいたいものです。

投稿: 唐辛子 | 2006.06.21 20:54

おそらく、唐辛子さんからは却下になりそうな音だと思うんですけどねー。
ま、そのうち確かめにおいでまし。

投稿: SALCON | 2006.06.21 23:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19203/10599826

この記事へのトラックバック一覧です: inMotion iM3 その後:

« フレッツADSLモアIIIとiPod用スピーカーの関係 | トップページ | スカーゲンの修理をする »