« ドアミラーの修理完了 | トップページ | 時計も修理完了 »

2006.07.20

フォーラム@niftyの終焉

フォーラム@niftyがついに終わることになりました。

「フォーラム@nifty」は、2007年 3月31日をもって終了します。

 この度、2007年 3月31日(土)をもちまして「フォーラム@nifty」(フォーラム、サークル、マイデスク機能)を終了することとなりました。これまで長い間、当サービスをご利用いただきましたお客様には深く感謝申し上げます。

1988年2月に高校時代の友人に引きずられるようにしてNifty-Serveに入るや、いくつかのフォーラムにどっぷり浸かり、フォーラムの電子会議室(ボードですな)やRT(リアルタイム会議—会議をやっていたわけではなく雑談。つまりはチャット)で毎日毎日話すのが本当に楽しかった。当時は青天井だったアクセス料金と電話代の請求書に怯えながら。

Nifty-ServeからNIFTY SERVE、@niftyへと名前を変えながら、さまざまなサービスが提供されてきましたが、私にとってはニフティ=フォーラムでした。一時は300を超えていたフォーラムも、いまでは80ほどと聞きます。なお日常的にフォーラムへアクセスしている人数がどのくらいなのか知りませんが、サービス開始当時は柱だったものも、いまではリストラ対象。最後にかかわったフォーラムが2004年に他の多くのフォーラムとともに閉鎖となったあと、残ったフォーラムにアクセスすることもなくなった私には寂しいなどと言う資格はないのかもしれませんが、私の中でなにか区切り線のようなものが引かれたような気がします。

フォーラムで知り合って、いまやネットとは無関係に付き合いがある友人達がいなかったら、いまの私はなかったかもしれないのだよなあ。しみじみ。

|

« ドアミラーの修理完了 | トップページ | 時計も修理完了 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

いやはや。
とうとうなくなりますか。
そんな私もSALCONとはniftyを通じて知り合ったんだもんね。
あのころのオフ初体験のどきどきとか、パソコン通信と呼ばれていたとか、いまはほんとに懐かしいですね。
これほどネットが一般的になるとは、まだあのころ予想してなかったです。
いずれは、こうなったらいいなくらいに思っていたけど。

いま望んでいることは、、、、。
ずいぶん昔東京ガスのCMだったと思うんだけど、雑誌のようなものを開いたら、愛犬のすがたが映し出され、その犬がはふはふと笑っているの。
言葉があったかどうか忘れたけど、情報の多元化は犬との通信も可能にするのかな、しかも雑誌のような媒体で、と思いました。
あれが実現するのもそう遠い日ではないかもしれませんね。

投稿: MICCHAN | 2006.07.20 20:03

20年ですから、良く続いたとも言えます。

ネット人口が運転免許人口を上回りそうなのですよ。
それだけ普及すれば拡散もしますよね。

タダねぇ、実際問題としてネットというのは今後も経済・社会の中核の機能として生き続けるに決まっているんですよね。

そこらをニフティ社はうまく処理したとは言えないし、ネット会社が二分化してインフラとして定着する企業と消滅する企業に別れるだろうけど、消滅に踏み出し事は確かでしょう。

投稿: 酔うぞ | 2006.07.20 20:30

ほんとうにおわりなのですね。

しみじみしてしまいます。
ネットにおずおずと入っていき、マックのつなぎ方もわからなくて、マニュアルを見て、泣きそうになりながらつないで・・・
なんとか、ニフでみなさんとお話しできるようになりました。ほんとうに、あの時代はありがたかったです。SALCONさんにはいろいろ教えていただきました。マック初心者で、むぼ~にも、それで仕事をしようとしていて、しかも、友だちでくわしい人なんていなかったです。ほんとに、Fデはありがたいところでした。
時代ですかねぇ・・・

ほんとうに、みなさま、この場を借りまして
ありがとうございました ぺこ

投稿: ぱお | 2006.07.20 20:53

イマサラ・・・(゚o゚;)   だけどさ、
本当に、本当に、FDESIGNで育てていただいて・・・・
MAC導入から、ソフトの使い方や各種メンテ等・・・
お世話になりっぱなしで、感謝の言葉は尽きませぬ。

FDEISNで知り合った素敵な人達と、
最近会って無いけど・・・? 
みんな元気にしてるかしら?

投稿: 唐辛子 | 2006.07.21 03:27

まだあったのか!
Mac OS 9を切捨てた事により日課であったフォーラム巡回も切捨て、すっかり忘れていたぞ。
これからはWeb2.0だぁ〜。
って、Web2.0って何?

投稿: 大熊猫 | 2006.07.21 09:13

コミュニケーションなんか追いかけていてはダメだというniftyの社員たちと何度か口論した覚えがあります。フォーラムは20年続いたかもしれませんが、すでにコミュニケーションスタイルではなかった。これからは情報提供ができないとアクセスがねぇ…なんて偉そうなことを言っていた社員たちは今どうしているのでしょうか。ぼくはniftyっていうブランドが好きだったから、ネットワーク通信の草分けに誇りを感じ、輝かしい未来を信じていたけど、どうも、違う土俵で相撲を取っていたような気もするなぁ。
…などと思う昨今です。

投稿: 葦永陽二 | 2006.07.21 12:11

>MICCHAN
ネットも自分も今より若かったあの頃だったからできた、あの頃にしかできなかったこと、なんじゃないかなあ。今は、スレちゃったのか成長したのか、いまいち判然としませんけどね。

>酔うぞさん
そうですねえ。そりゃ拡散しますよね。と同時に一部は先鋭化すると。しょうがないですわね。パソコン通信時代のニフティは世界だったけど、いまや、ただのプロバイダと化しているので、なんの思い入れも期待もありません。諸行無常。

>ぱおさん>唐辛子さん
あのフォーラムは最初から最後まで情報を用意しておくタイプの場ではなかったので、良くも悪くもアクセスしてくる人たち次第でした。フォーラムがみなさんの中に何かを残したと思っていただけたなら、嬉しいことです(公式見解風)。

>大熊猫
2.0って付けると先端になるらしいで。
大熊猫2.0とか。なんか凄そうやん。

>葦さん
ニフティ入会○周年のメールから人間味が薄れていって、ただのDMになったころから風向きが怪しくなったような...。ともあれ、ひとつの時代は作れたんじゃないかと思っています。

投稿: SALCON | 2006.07.22 19:53

うん、いっぱいありがとうございました。


投稿: 葦永陽二 | 2006.07.23 11:42

そうなんですか。終わりなんですか。
今もMacが家に有るのも(相変わらず、文字を打ってるだけですが)、息子が二人居るのも、旦那が居るのも、こうしてSALCONさん達(「達」ってだれ?)と知り合えたのも、あのフォーラムがあったから・・・なんですよねぇ。
夜な夜なオアシスを布団の中に持ち込んでRTしてたのも懐かしいです。

いろいろお世話になりました。ありがとうございました。って気持ちです。ハイ。

投稿: HIROMI | 2006.07.29 21:19

まいど>HIROMI

私とて「あのフォーラム」に捕まらなかったら(自分で入ったくせに)クルマで東京に通ったり、夕方から中国地方某市に呼びつけられたり、三次で赤い紙をもらったり...その他諸々もなかったわけですわ。いやはや。面白すぎた時代でした。

投稿: SALCON | 2006.07.30 03:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19203/11031681

この記事へのトラックバック一覧です: フォーラム@niftyの終焉:

« ドアミラーの修理完了 | トップページ | 時計も修理完了 »