« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007.02.11

透明人間のピンポンダッシュ

日付が変わっちゃったので昨日のことになりますが、寝ていたら玄関のチャイムが2回、間をおかずに鳴ったんですね。気が短いことで……、いま出るってば……。半分以上寝ぼけたままベッドから起き出してインターフォンに出るも返事がない。もう帰っちゃったのかよ、ほんとに気が短いことで。と思っていたら、表で子どもの声がする。あー、ピンポンダッシュやられたかな?? ま、いいか。コーヒーでも煎れよ。

コーヒーの準備をしていたら再びチャイムが2回。ええい、1度は笑ってやるけど2度目はないぞ。パジャマのまま玄関のドアを開けると……、誰もいない。子どもが逃げる足音も笑い声も聞こえなかったけどな。頭の中に「?」が駆けめぐっているまま玄関の外にあるインターフォンを眺めていたら、またまたチャイムが。今度は1回。
え〜〜っと……、誰か居るのかな??????

とりあえずコーヒーを飲みながら、たとえば強力な違法電波(蛍光灯が点いちゃうような)でインターフォンが誤作動したなんてことはあり得るだろうかとか考える。けど、まだ頭は寝ているので「まぁ、いっか。なにかの拍子でおかしくなったんだろ」で考えるのやめ。仕事せにゃならんのだ。

その後しばらくは静かだったものの、夜になってまたチャイム。これはもう完全にトラブルですよ。正常稼働状態になった頭と目でおもてのインターフォンを観察すると……、呼び出しボタンのランプが点きっぱなしですがな。ボタンが戻らなくなってるのかな?? 何度か強く押してみたけどダメ。けっきょく電源を切って急場をしのぐことに。なんでまた連休を狙って故障するかなあ。

とりあえずの処置を終えて思ったこと。
ちゃんと寝たはずなのに何か頭がぼ〜っとしていたのは、夜中にも何度か鳴ってたんじゃないか?? それで、目が覚めないまでも眠りが浅くなってたんじゃないか?? そもそも目が覚めたときのチャイムが最初の現象だったのか?? そういえば返事がないチャイムは以前にも何度かあったような気がする……。それと、もし寝ている間に火事にでもなったら、ドアを叩かれた程度では私ゃ目を覚まさないぞ。誰も失火しませんように。自分もな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.02.09

Dreamweaver8のFTPユーザ名とPW設定が消える現象

数日前のことですが、借りているサーバにDreamweaver8でFTP接続しようとしたら失敗。サイト情報をチェックすると、FTPのユーザ名とパスワード欄が空白になっているじゃあーりませんか。こんなん、わざわざ自分で消すわけがないけど不思議なこともあるもんだと、あまり深く考えずに再入力した以後は普通に使えています。

そしたら昨日、AdobeのサポートデータベースにWindows版Dreamweaver8について、この現象が上がってました。Mac版でも起きたよー>Adobe
いちお、Win版のほうのリンク↓。
●Adobe サポートデータベース
[文書番号230425]FTP ログイン情報が失われる(Windows 版 Dreamweaver 8)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.02.05

ウィズ・ハートの中の人、ありがとう。

下のエントリーのつづきです。

起床したら、朝イチでウィズ・ハートのカスタマー・インフォメーションよりメールが来ていました。
「修正版をアップしたので試してください」
おおっ。

さっそく改めてインストールしたところ....。
おおおおおおっ、終了できる!(感涙)
ついでに「(Basic)R6」の上級グレードである「(個人版)R6」も試してみましょ。同じく、なにごともなく終了できました。なにがどう修正されたのかは不明ですが、終了できないのは私の環境に依るものだと半ば(以上)諦めていただけに、ウィズ・ハートのめちゃくちゃ素早い対応に感動しました。

もしかして土日出勤させてしまったのでしょうか...。
ありがとうございました>ウィズ・ハートの中の人
もちろん、アップグレードしますよー。

お礼にリンクを貼っちゃおう。
(有)ウィズ・ハート MAC DE 会計 評価版ダウンロードページ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007.02.02

MAC DE 会計(Basic) R6が出たが…

確定申告の季節ですね。

昨年、MacOS X 版が必要になって買った(アップグレード期限はとっくに過ぎていたのです…)「MAC DE 会計(Basic) R5」ですが、作業中に「帳票ファイルの保存ができないのでファイル名を変えて保存しなおすよーに」とか、挙げ句の果てには「他のアプリケーションで変更されているよーん」という、たわけたメッセージを時折ぬかしていました。無視してアラートボックスの「キャンセル」を何度か押していると、なにごともなかったように保存できます。なんなんだ。昨年の作業で使った環境はPowerMacG4/500MHzのMacOS X 10.3.8。今年はPowerMacG5/2GHzデュアルのMacOS X 10.4.8。動作環境は満たしているはずだけど、サブバージョンが上がるうちに相性が悪くなったのかもしれません。って、ほんとかなあ。ベンダーであるウィズ・ハートのサポートページには該当する情報はありません。ぐぐってみてもマイナーアプリなのかヒットしません。く〜〜。

と、イラつきながらも今年の確定申告に必要な帳簿入力はなんとか終わったんですが、このタイミングで「R6」がリリースされた旨のメールが届きました。やっぱ直前に帳簿入力する人が多いってことでしょうか。てなわけで評価版(キーを入力すれば正規版になる)を落としてきました。上の不具合(なのかどうかも不明だが)が直っているといいなあ。ちなみにR6からユニバーサル・アプリになったそうな。

ちょっといじってみると、わりといい感じ。1万ちょいのアップグレード料金はちと悩むところだけどねぇ……。なんて思いながらアプリケーションの終了をしようとすると反応なし……。実行不能を示す、メニューがグレーというわけでもありません。こんなところにトラップがあったとは。評価版だから?? そんなばかな。

問い合わせてみよう……。


(2007.02.04追記)
カスタマーサポートから「再現できません」旨の返事がきました。いろいろ試していただいたようで、感謝です。
そうなると、こちらの問題ってことだよなあ。セーフブートしてやってみましたが、やはり終了できず。リザーブマシンのG4/500MHzまで引っ張り出してきましたが、これまただめ。う〜〜む。

スッピン状態のアカウントを作ってみましょかね。もしこれでOKだったら帳票入力時だけスイッチすりゃいいし。
やれやれ。

(2007.02.04追記その2)
別アカウントを作ってやってみてもダメでした(泣)。
考えてみれば(考えるまでもなく)Systemは同一なので原因はライブラリ内の何か、ということは推測できますが、クリーンインストールからやり直す気力はありまへん。さあ、どうしよう。選択肢は4つ。
01.現バージョンを使い続ける(将来、IntelMacに切り替えたときに困る)
02.バージョンアップをし、毎回強制終了する(それもなんだか...)
03.なんとかして原因をつきとめる
04.他の会計ソフトに乗り換える

当面は01.だよなあ。いまんところ、メインマシンはIntelMacじゃないし。将来的に乗り換えを検討するのが落としどころだよなあ。いやはや、これまでMacOS Xでトラブルらしいトラブルの経験がなくて、対処の引き出しが少ないのを実感しました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »