« 2007年2月 | トップページ | 2007年6月 »

2007.03.19

ゆうべ、テレビにピラルクが映ったので

久しぶりに本棚から開高健の「オーパ!」を引きずり出してきました。

「オーパ!」は1975年のある日、釣り好きで知られる開高の「フィッシュ・オン!」を読んだサンパウロ在住の作家・醍醐麻沙夫が「アラスカのキングサーモン釣りもすばらしいが、ブラジルには世界最大の淡水魚・ピラルクがいるし、すばらしい闘志を見せる黄金色のドラドもいる。ピラニアや大ナマズもいる。えさ釣り・ルアー釣りなんでもできる。世は国際時代。ブラジルで釣らずして釣り師といえるでしょうか」と、そそのかすところから始まります。それを受けて1977年の8月から9月、その醍醐と企画を買った『プレイボーイ』誌の編集部員・フリージャーナリスト・カメラマンを加えた開高一行によるアマゾン川流域釣り紀行の連載をまとめたのが本書です。のちに南北アメリカ大陸縦断の「もっと遠く!」「もっと広く!」、世界各地での釣り(ばかりではないが)紀行「オーパ、オーパ!!」シリーズへと続く最初の1冊。ちなみに、ブラジルでは驚いたり驚嘆したときに「オーパ!」と言う、らしい。

私がこの本を買ったのはおそらく1983年頃。読んだ当時に少々古風な言い回しと感じた文体は、いま読むと不思議と新鮮。壽屋(現・サントリー)のコピーライター出身ゆえか、独特のリズムがある文章はスルリと読ませるけれど、減り始めている動物や魚のこと、畑か牧場か、ともかく人間のために焼かれているジャングルに感じる不安、半島で少年時代を過ごし、戦後にブラジルへ移り住んだ日本人に「日本はもう戦争をしませんか」と問われる場面などなど、現在に直結している事象が多々あって考えさせられます。

篠山紀信門下のカメラマン、高橋昇の写真がまたいいです。旅と釣りの日常を淡々と切り取っているのが、かえって印象を強くしていますね。ドラド(鮭そっくりで歯がすごい)が、あまりに速く行って戻ってジャンプしたために竿先から魚の口へまっすぐから延びているはず糸が、空中で左右へ、さらに水面近くで上下へと大きく形を変えた瞬間、ピラルク釣りの餌である小魚が頭と骨を残してピラーニャ(ピラニア)に食べられたにもかかわらず生きて動いていたというもの、さまざまな動物や鳥、人と村や都会、ジャングルと川。

行間全角・余白たっぷりに組んだ文章、素直に配置された写真、シンプルな章タイトル周り、がっしりとした造本。読む・見るに集中できる、こういう本をこのところ手にしてないなあ。技術書だの雑誌だの、即物的なのばっかし。

ところで、「体のあちこちにガタが来始めたオッサン」と20数年前に読んだ際に認識していた開高健。開高がブラジルでピラルクと対面していた1977年当時の年齢を自分が超えているのを久しぶりに「オーパ!」を読んだ結果、知ってしまったのが最も「オーパ!」なできごとでありましたとさ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.03.16

[GTHD]ロードスターでのタイムアタック終了

ユーノス・ロードスターでのタイムアタックが終わりました。

あれから約0.12秒詰めたものの、トップタイムはそれ以上の伸びで、結果は1.172秒遅れの21位。せめてコンマ差で終わりたかったけれど果たせず。区間タイムを見ると、0.1秒以下の遅れで収まった区間はわずか1つ。あとはことごとく0.1〜0.2秒以上遅いんだからお話になりません。かなり決まったと思った最終コーナーでさえ0.2秒も遅いんだもんなー。しくしくしくしく。Excelで作ったタイムチャートを見て、ため息をつくばかりです。T1〜T2間が決定的に遅いのと、T4あとの右コーナーがなかなか決まらないという大問題をなんとかしないと、大きなタイムアップは望めそうにありません。ゲームで辛くなってどうするという気がしないでもないけれど、幸か不幸か、人と競っているのが実感できるためにハマりますねえ。

GT4の時代にも、あちこちのサイトでタイムアタックが開催されているのは知っていましたが「みんな速いのねー」と思うだけで参加しようとは思わなかったのに、この差はなんなんだろう。GTHDでは自分の意志で参加するステップを踏まずに無理矢理(笑)ランキングに登録されてしまうのが大きいんでしょうね。で、順位とタイム差を突きつけられると、負けるのが嫌/負けるとしても納得できないと嫌という人間(私です)は、やらざるをえなくなるのです。困ったもんだ。

さて。
だいぶ現実的なクルマの動きをするようになったGTHDですが、路肩の段差にイン側のタイヤをひっかけると速く走れるのはいいとして(ラリーでの轍走行と同じ。GT4までは見かけ上の路肩はあったけどひっかからなかった)も、例の右コーナーの路肩段差が100km/h超でコーナリングしている遠心力を食い止めるだけのものとは思えない、サスペンション(特にリア)の動きがどうもよく分からんなどなど、言いたいことは多々あります。が、よく聞く「とにかくリアルに」というのは、これまた違うでしょう。上下左右のGやブレーキのフィードバックを感じる術がないので、仮に画面の向こう側がリアルになったとしても操作側が感じることができる情報が足りず、運転しづらくなるだけになるでしょう。逆に言えば実車では通用しないGT的テクニックが残り続けるだろうということでもあるけれど、それはGranTurismoがゲームである以上、ある程度は(これが難しいと思いますけどね)しょうがないよなぁ。

ごちゃごちゃ言ってみましたが、かなり良くできているのはたしか。こうなると、コースや広場にパイロンを置いてダートトライアルやジムカーナができる機能(当然スタンディングスタートね)がいつか搭載されると楽しいだろうなあなんて、競技から離れてずいぶん経ったものの今回のタイムアタックで再び競技っぽい雰囲気を味わってしまった私は思うのであります。レースも面白いけどスピード競技も楽しいよ。道路工事の現場に置かれているパイロンを見ると、いまだに身構えるもの(注)。

(注)パイロンに身構える : ダートトライアルやジムカーナでは、コース上に置かれているパイロンに1回接触するごとに+5秒のペナルティが課せられるのです。怖い怖い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.03.11

[GTHD]遙か1秒の彼方……

どうにもこうにも我慢できなくなってPS3がやってきました。今年は史上最速で確定申告したしね、ご褒美は必要ですよ。って誰に言い訳してんだか。

というわけで GranTurismo HDコンセプト なわけですが。
先週から週ごとに指定された車種でタイムトライアルおよびドリフトトライアルに参戦し、それぞれの1位・1000位・2000位・3000位・4000位・5000位にSuperGT、D-1グランプリのチケットがプレゼントされるというイベントが始まっています。今週の指定車両はユーノスロードスター'89。

ふだんは各々のクルマの好みでばらけている参加者が特定車種に集中すると、全体における自分のポジションが見えてくるよね。と、昨日と今日、真剣に走り込んでいるんですが……、現時点での自己ベストで8つのセクター中5カ所でトップタイムと0.05〜0.08秒差ながら残り3カ所が大幅に遅く、トータルで約0.9秒遅れという問題おおありの状況で煮詰まってます(笑)。問題点ははっきりしているものの、細かい部分を気にしていたら全体がバラバラになってしまって自己ベストの更新すらできなくなってしまった……。順位的には20位あたりからジリジリと落ちて行っているところですが、問題は順位じゃなくてタイム差なんだよ。

遙か1秒の彼方にいる、トップの車が霞んで見えません。
運転って難しいねと、今更ながら思ふ。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2007.03.06

ほらね、やっぱり虫並み

目が覚めたときから体が軽い。もしかして今日は啓蟄かと調べたら、はたしてそうでした(笑)。すばらしいぞ私の体内時計。昨年もきっちり啓蟄の日に体が軽かったものね。

昨年も書いているように、気温20℃が私が活動できる最低ラインなんですが冬場は暖房を25℃なんつう環境に優しくない設定にしても寒い。コタツムリになっても寒い。レンジでチンしたくなるほど。ここ数日は暖かかったけれど今日ほど体が軽くはなかったので、私の体調は暦と直結していると思わざるを得ません。ほんとうに調子がいいのは立夏から立秋までだしねえ。わかりやすい。

ああ、早く夏にならんかなぁ(切望)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年6月 »