« 2007年3月 | トップページ | 2007年8月 »

2007.06.22

朝日ソノラマが解散

朝日ソノラマが経営難により9月末日で解散するそうな。
なんてこったい。

朝日ソノラマといえばソノラマ文庫。『クラッシャージョウ』(高千穂遙/安彦良和)や『ARIEL』(笹本祐一)で楽しませてもらいました....って、『ARIEL』は本編は20年(!)かけて終了したものの、番外編はまだ続くはずなのだが....。どうなるんだっ。

朝日ソノラマのお知らせによると、10月以降は「朝日新聞社出版本部が版権を引き継ぎ、ソノラマのブランドは続きます」とのこと。じゃあ、ソノラマ文庫は存続するのかな。するんだよね。頼みますよ、ほんとに。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007.06.12

Safari 3 Public beta を入れてみた

Windowsにも対応したApple謹製のブラウザ「Safari 3 Public beta」(英語版)を入れてみました。インストールすると、もともとのSafariと入れ替わっちゃうのね....。バックアップとってなかったけど、まぁいっか。もう遅いし。

さて。
ページの表示は、たしかに速くなった(ような気がする)。
複数のページを開いたときのタブの移動が、やっとできるようになりました。

インストール直後はブックマークまわりの動作が変でしたが、キャッシュをクリアして Safari3 を再起動したら、いまのところ普通に使えています。新しいもの好きな方はどうぞ。

※パブリックベータ版なので、インストール・使用は自己責任でお願いいたします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.06.10

姉さん、事件です。

いや、私に姉はいませんが。

金曜日の夕方、でかけようとしたらクルマのフロントウインドウがなんかヘンな感じ。前に回って見てみると....。なんじゃこりゃー(by 松田優作)、割れとるやないか〜〜〜。うーむ、なにがどうなってこうなったのか皆目見当が付かないけれど、あとあとのために写真を撮っておいたほうがいいよね。部屋からカメラを持ってクルマへ引き返したところ、前自治会役員と現役員のおばちゃんに偶然出くわして、これ幸いと事情説明をする。残念ながら何も気がつかなかった、というか今気がついたとのことだったのだけれども、話している最中に「あら、屋根に石があるよ」。えーっ。わたしゃ車いすなもので、見えない屋根の上のことまでは気が回らなんだ。

写真:石(?)で割れたフロントウインドウ
▲幸い(?)雨漏りするような割れ方はしていなかった

屋根の小石は謎だけど、前回、クルマででかけたときに跳ね石を食らったのに気がつかなかったのか、それともどこかの誰かのしわざか、もしかしてひょっとしてカラスが遊んだ結果か....。ま、答えの出ないことを考えてもしょうがないので、とりあえず警察に被害届を提出。クルマを見た警官も「う〜〜ん、跳ね石のようでもありイタズラのようでもあり...微妙ですねえ」という反応。屋根の小石と割れたフロントウインドウに関連があるかどうかも不明。跳ね石なんかなかったという確信もないのだよなあ。たぶん割れてなかったとは思うけど、謎。だれかに恨まれるようなこと、私はしてないよねえ?? なんてことまで思ったりして。ま、恨みでやったにしては割れ方が中途半端だから、この線はないだろ。ないよね。

で。
今日になって新たな展開。
屋根の小石を発見してくれた前役員さんが井戸端会議中だったので挨拶すると、同じ駐車場内で投げた石(だろう)による傷があちこちにあるのが他のクルマで発見され、被害届が出されたとのこと。改めて私の車をよく見てみると、ボンネットのほぼ中央に小さなくぼみを発見。あー、こりゃ石だな。警察でも、今日の件と私の件がリンクされたようだけど、まずは自治会で対応を、ということになったようです。とはいえ、この集合住宅に住んでいる誰かという確証もいまのところないんですけどね。町会まで話が行くのかなあ。なんにせよ、心当たりのあるお宅で、当人へ厳しく対処していただいて「2度目」が起きないようにしてもらえれば、それで結構です。クルマは保険で直る。

長いことクルマに乗ってきて、これまで競技中の破損や、追突されたり自爆による破損はあれど、いたずらの類でクルマに傷がついたのは初めてです。だけど、自分でもびっくりするくらい何とも思っていない。ほんとに私ゃクルマの美観に興味がないのね...。いやいや、フロントウインドウが割れているのは美観の問題じゃないんだけど。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年3月 | トップページ | 2007年8月 »