« 2007年6月 | トップページ | 2007年9月 »

2007.08.14

他者への想像力

下のエントリーで書いたように、スカパー!のチューナーを買いに池袋のビックカメラに行き、クルマは池袋駅東口の地下公共駐車場に停めました。お盆休みまっただ中ということで道路上にクルマは少なかったものの、私が着いたときに駐車場は満車。障害者用の駐車スペースは空いてるかな、怪しいな、と思いながら待つことしばし、やっと入場できる順番が来て、係のおじさんに「車いすなんですけど、障害者用の駐車スペースは空いてます??」と尋ねたところ、予想外の言葉が返ってきました。

「障害者用のは無いんですよね」
いや、私、この奥にあるのを知ってますから。何度か駐めたことがありますから。奥まで行って空いてないと困るから訊いてるんですけど。まてよ、いまは空いてないと言いたいのかな……などとグルグル考えていると、「ここの2台分の真ん中に停めて」と言ってくれました。ありがとー。でも、事情を知らない人が見たら「何だこのクルマ。車庫入れが下手にも程があるぞ」とか思われてしまうんじゃあるまいか。ま、気にしないけどね。

この地下駐車場から直接地上に出られるエレベーターはなく、1階上の池袋駅の通路へ車いす用リフト(階段に設置してある)で上がり、そこからエレベーターへ地上へ出るというルートになります。指示された駐車場所から、私が知っている車いす用リフトよりも近いリフトがあるかもしれないと、どこから上に出られるかを例のおじさんに尋ねてみたら、またまた予想外の返事。

「向こうから出られますよ。階段になりますけど」
(あのね。私が車いすに乗っているの、見えてますよね??)←心の声
「えーっと、リフトがあるはずなんですけど??」
「あっ、それならこっちです」
……けっきょく、私が知っているリフトだった。1カ所しかないのね。学習しました。
そういえば、新宿の地下駐車場で、教えられたエレベーターから出たらそこは階段だった……というのもあったっけ。歩ける人は便利だなぁと思うことが、よくあります(^^;

さて。
車いす用リフトへ向かうついでに確認したところ、障害者用駐車スペースはリフトの近くに、ちゃんとありました。なくなったりしないわなぁ。が、予想通りというか予想を上回るというか、障害者用駐車スペース2つ分に3台、クルマが駐められていて仰天。話に聞いたことはあるものの、実際に「2台分に3台駐車」を見るのは初めてだわー。これが噂のやつかー。すごいなー。お盆休みで稼ぎ時だしねー……って、違うだろっ。


障害者用駐車エリアの、あの広大なスペースは、車いすを積み降ろしをするときや、クルマのシートから車いすに乗り移る際に、クルマのドアを全開にする必要があるからなんですね。その広いスペースじゃないと、他に空いている場所があったしても、ほぼ使えないと言っていいです。駐車スペースのレイアウトによっては通路に面した場所(右端/左端)で代用できることもありますが、その場合でも、端っこが空いていなければアウトです。今回は係のおじさんが柔軟に対応してくれたおかげで困らずに済みましたが、係の人がいないところでは、やはりアウトです。

そこで、ふつうのクルマ(なんて言えばいいんだ?? 健常車(^^?? )が障害者用駐車スペースに停めないようにパイロンで塞いであったり、さらにバーを渡して通せんぼしてあったり、もっと強力に工事現場のような鉄製ガードが置いてあることもあります。よくあります。これで解決……じゃなくて。私のように1人で動くドライバーだと、いったん車いすを降ろしてクルマから降りてパイロンをどかしたあと再びクルマに乗って車いすを積み込んで……なんてやってられるかーい(^^; たいていは通りかかった人にお願いしてパイロンをどかしてもらったりするわけですが、誰も通りかかりそうにないときには、むりやりクルマで押し倒してやろうかと思います。さすがに実行するのは躊躇しますけどね。だいいち、パイロンを車体の下に巻き込んだりしたら、あとが面倒だし……って、そっちかい。

ところで、多くの場合、障害者用駐車スペースは建物の出入り口やエレベーターの近くにあります。さて、ここでいう「障害者」にあたるのはどんな人でしょうか。車いすの人、加齢や怪我などで足が弱っている人、妊婦さん、内臓疾患の人、体幹障害の人、義足の人、視力障害の人、ベビーカーの積み降ろしをしたい人…などなどを想定するのがバリアフリーというかユニバーサルの精神にかなうってもんでしょう。だけど、それでも、車いすユーザーは、あの広いスペースじゃないと事実上使えないんですよねぇ……。私は、個人的には、あのスペースを車いすユーザーだけのものとは考えていません。でも空いてないと困るしなぁ。車いすで入れるトイレでも似たような問題が起きますよね。車いす専用とはさすがに言えないし、言う気もさらさらないけれど、大多数の車いすユーザーはそこしか使えない。

足のケガなどで一時的に松葉杖や車いすになった途端に、それまで気にもしなかった、存在していることすら気がついていなかった数センチの段差がいかに危険かわかった、なんてことがあります。つい最近、私の古い友人もそういう経験をしたようです(治ったかーい??>某)。狭義の障害者のみならず、なんらかの理由で身体の自由がきかなかったり辛かったり、そういう経験をすると、他者の辛さや不便さへの想像力が働きやすいように思うんですよね、比較的に。今は亡きNIFTY SERVE(←亡きもの扱い)で知り合った、いわゆる健常者の友人は、私と遊ぶようになってから気がついたことがたくさんあると、知り合ってから十数年も経ったある日、突然言ってきて私を驚かせてくれたことがあります。へー、そんなふうに思ってたんだ。知らなかった。きっかけは、ないよりあったほうがいいね。

この「他者への想像力」が駐車場問題にとどまらず、世の中を少しでも丸く収めるためのキーなんじゃないかなぁ。なんて、駐車場おじさんの返答の面白さ(と、敢えて言おう)と、初めて見た「2台分に3台駐車」のインパクトのせいで、ふだんはことさら障害に関することを言わない私も、たまには声に出したほうがいいかなと思い、書いてみることにしました。私の直接の友人・知人にはいまさらなことだと思うけれど、これまでこういうことを考えてもいなかったどこかの誰か(失礼)にとって「他者を想像するきっかけ」になればいいなぁと思うのです。

……なぁんて、柄にもないことを。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

要らないものとセットで買うほうが安いとはね

ここ1年ほど、スカパー!のチューナーのリモコンのボタン(「の」が多いな)が反応しづらくなっていて、バラして接点の掃除をしながら騙し騙し使っていましたが、どーにもこーにもならなくなってしまいました。チューナーそのものはまったく無事なのでリモコンだけ買いたいところなんですが、このチューナーは7〜8年前にスカパー!代理店との4年間無料レンタル契約の名目でやってきたシロモノでメーカー名も入っていません。その代理店との契約も4年経過した時点で解除したので、現在、契約関係にない代理店からリモコンだけ買うのは無理っぽい。というか、無理。こりゃチューナーごと替えるしかないやんかぁ。リモコンだけの問題で買い替えることに罪悪感を少々感じながら池袋・ビックカメラへ行ってきました。

店頭にあったのはソニーとヒューマックスの2機種。ソニーのが9,500円ぐらい(失念)、ヒューマックスのが7,420円。あら、意外とお安いのね。けれど、どちらもアンテナ付属。それにしてもアンテナ付属でこの値段かぁ……。

私「アンテナは要らないんですけどね…、チューナーだけだとおいくら??」
店「かえって高くなるので、アンテナセットのほうが……」

うーむ、なんだかなー。世の中、なにか間違っているような気がします。つまりは、新規契約者向けの値付けなわけですよね。もっとも、いまどきのテレビやDVDレコーダーにはCS(110度なので普通のスカパー!とは別物)チューナーが内蔵されているものが多いので、チューナーだけ買う客は少ないであろうことは想像できるんですが、それにしても。

納得できんなーと思いながらも、安いヒューマックスのアンテナセットを買ってしまいました。初めて聞くメーカー名だけど、どうでもいいや(投げやり)。

ほんとはね、「要らないモノは家に持ち込みたくないんじゃ」と言い放ち、アンテナセットよりも多くお金を出してチューナーだけ買うのが正しい姿っちゅうか硬派だよなと、悩みはしたんですよ、いちおう。10秒ぐらい。普段は「100均は嫌いだ」なんて言っているくせに、安さに流された軟派な私をお許しください(←誰に言っている??)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年9月 »