« MacBook、不調につき入院 | トップページ | いつのまにかAPEとPullTabがMacOS X 10.5に対応していた »

2008.08.17

MacBook--いろいろ交換されて帰ってきた

13日に修理に出したMacBookがクロネコで帰ってきました。中3日。早い。

さてさて、その修理内容ですが結構すごいです。
以下、修理レポートより。

  • 電源が落ちる症状を確認しましたので、ヒートシンクを交換致しました
  • 電源ランプが点灯しない症状を確認しましたのでロジックボードを交換致しました
  • ファンが回転しない症状を確認しましたので、ファンを交換致しました
  • AppleRemoteが動作しない症状を確認しましたので、ボトムケースを交換致しました
  • トラックパッドの動作不良を確認しましたので、トップケース(キーボード一体型)を交換致しました
  • 右スピーカーの音割れを確認致しましたので、右スピーカーを交換致しました
  • バッテリーの不良を確認致しましたので、バッテリーを交換致しました

..................。
先のエントリーで「AppleCareに入っているし、どんどん交換してちょーだい」と書きましたけど、あまりの交換部品の多さに笑っちゃった。

電源が落ちる症状は、CPUに負荷がかかる→温度が上がる→放熱できない→気絶 って流れだったんでしょうかね。それにしても、電源ランプが点かないとロジックボード交換になっちゃうんだなあ。すごい話です。

その他、まったく気がついていなかった箇所も実は多数問題を抱えていたようで(^^; スピーカーの音割れなんて聞き比べしないとわからんよなー。トラックパッドの動作に疑問を持ったことはなかったし、AppleRemoteに至っては使ったことすらなかった。もっとも、使ってなかったら気がつきようもないか。ひょっとして最初から?? と思わないでもないけれど、まぁいいや。直ったんだし。

なお、スリープ状態で光学ドライブが間欠的に動いてスリープが解除される症状はロジックボードの交換後は出ていないとのことで、私も確認しました。


いやあ、ほとんど新品になった気分です。

|

« MacBook、不調につき入院 | トップページ | いつのまにかAPEとPullTabがMacOS X 10.5に対応していた »

Macintosh」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19203/42192125

この記事へのトラックバック一覧です: MacBook--いろいろ交換されて帰ってきた:

« MacBook、不調につき入院 | トップページ | いつのまにかAPEとPullTabがMacOS X 10.5に対応していた »