« 『ダーク・クリスタル』、まさかのブルーレイ リリース | トップページ | 惜しい、ちょっと違う。 »

2009.10.27

これでATと先立つものさえあれば……(^^;

前略 アバルト様

免許取り立ての私が1.2Lのシビックをヨタヨタと転がしていたころ、格好ええなーと思っていたアウトビアンキ・A112アバルトの、「あの」アバルト様のディーラーが、一昨年でしたか、環七と中原街道の交差点近くに忽然と現れたときはひっくり返りそうになって(運転中だったので、ひっくり返ると危険(^^; )驚いたものです。アバルト様が復活されておられたとは、ちぃーとも存じ上げておりませんでした。

かつてのチンク・チェントの現代版、フィアット500が出たときはまだ冷静でした。グランデ・プントが出たあたりで、趣味としてですが競技をしていた昔の血がムズムズし始めますが、いかんせんATしか乗れない身ゆえ、IRCでの勇姿をスカパーで見ては騒ぐ血を収める(逆効果??)のがいいところでして。

そこへ来て、500アバルトです。
1.4L DOHCターボ(135ps/5500rpm、21.0kgm/3000rpm)です。
そして、やはりと申しましょうか、5速MT。
先ほども申しあげましたが、わたし、ATしか乗れません。

その昔に乗っていた、ジムカーナ仕様のEP82スターレットGT(1.3L DOHCターボ 135ps/15kgm?)が、これまで乗り継いできたクルマ達の中で最も楽しかった思い出がございます。500アバルトはスペック的にEP82GTとほぼ同じ。最大の違いはトルクでしょうか。21kgmには驚嘆いたしました。しかも3000rpmで。これがそそられずにおられましょうか。

いろいろと書き連ねてしまいましたが、現時点でATが搭載されていない以上、私は乗れませんし、それ以前に先立つものもございません(きっぱり)。EP82GTは100万台半ばで買えたんですが。ああ、一緒にしてはいけませんね。なんたってサソリですものね。大変失礼いたしました。

将来、もしATが設定されて、さらに手動運転装置を付けてロードテストなんかやりたいかなー、などと何かの拍子にアバルト様がお考えになることがございましたら、ぜひともご一報くださいますよう、お願い申しあげます。全身全霊を掛けて乗りたお...いえ、レポートを上げさせていただく所存でございます。

では、ご連絡をお待ちしております。

草々

ABARTH Official web site

WebCG アバルト500(FF/5MT)【短評】

|

« 『ダーク・クリスタル』、まさかのブルーレイ リリース | トップページ | 惜しい、ちょっと違う。 »

クルマ」カテゴリの記事

コメント

いまどきフェラーリだってATなんだからねえ。
うちの奥さんなんて、もうギアがぐちゃぐちゃで、一年に一回だけ6速を使うというとんでもで、ドライバ交換だけで車より高くなってしまいました。
ポルシェだってねえ。
友人が乗っていたいすずのNAVI5というのがATなのにマニュアル風味で、5速から強引に2速にしてもダブルクラッチまでしてくれる凄いロボットでした。
話が古すぎ。あ〜あ。

投稿: kmp | 2009.10.29 01:51

ありましたねー、NAVI5。ジェミニに載ってましたっけ。

20年前、今は亡きNifty-Serveの某フォーラムに最初に書いたのが「AT車はスポーツカーにはなれないんだろうか」なんてものだった記憶があります。自分がスポーツカーだと思って乗っていればスポーツカーでいいじゃん、みたいな。いやー、若いなー(^^;

投稿: SALCON | 2009.10.29 18:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19203/46599164

この記事へのトラックバック一覧です: これでATと先立つものさえあれば……(^^;:

« 『ダーク・クリスタル』、まさかのブルーレイ リリース | トップページ | 惜しい、ちょっと違う。 »