« Softbank携帯の赤アンテナに遭遇 | トップページ | Snow Leopard その後 »

2009.10.05

Snow Leopard、けっきょくクリーンインストールする羽目になった

先日、銀座に出る用事があったので、ついでにアップルストアで Snow Leopard を買ってきました。派手な新機能はあまり(ほぼ??)ないけれど数々のブラッシュアップが施されということで、私好みのバージョンアップ。3,300円と安いしね。

インストールするのは Leopard の MacBook。
いつもであればクリーンインストールするところですが、今回は上書きアップグレードでもイケるんじゃないかと、ネットを漁った限りでは、そういう感触でした。一部では「アップグレードと言いうよりはサービスパックじゃないか」と言われていたりもしたし、「あっさりアップグレードできた」というブログの書き込みばかりがヒットしたし。これといって深刻なトラブルは見あたらず、せいぜい一部のアプリケーションが動作不良を起こしている程度で、それとて私が使っているものではなかったので、安心していいんじゃないか??

内心ほんとに大丈夫かいなと思いながら上書きアップデートをかけ、待つこと数十分。インストーラは何事もなく終了し、デスクトップとFinderが、これまた何事もなく表示されました。ほんとに見かけは何も変わらないのね。初めてまともに上書きアップグレードが成功したなあ。すごいすごい、と、思った。このときは。


とーこーろーがー....。
何故か書類の保存でコケる。ありとあらゆるアプリケーションがコケる。「Cocoa Patcher プラグインの使用中に ●●●(アプリ名)が予測しない理由で終了しました」とアラートが表示されて落ちることもあれば、何も表示されずスコンと落ちることもあり。保存ダイアログのカレントディレクトリが表示されべきポップアップに、ディレクトリ名が表示されていない。どうも保存ダイアログ絡みのトラブルのようで、その証拠に上書き保存はできる。ううむ、Systemの一部ファイルがうまくアップデートできなかったか、あるいは何かと当たっているのか……。やっぱ上書きアップグレードがいかんかったのかなあ。

とりあえず、現状でできることを試してみる。
必需品のDefault Folder を無効にしてもダメ。ノートン・アンチウイルスを無効にしても、アンインストールしてもダメ。Application Enhanther と PullTab をアンインストールしてもダメ。感覚的に、アプリケーションの何か(の関連ファイル??)が要因になっているような気がする。

こりゃクリーンインストールするしかないな。
Time Machine で自動バックアップを取っているけれど、念のため手動でhome以下をごっそり手動コピー。アドレスブックのアーカイブを書き出し(←なにかの拍子に保存に成功)。Mail.appのデータ復元方法を確認。最悪、手動で復元する羽目になってもこれでなんとかなるだろ。

忘れてはいけないのが、iTunes のコンピュータ認証を切ること。PantherからLeopardにしたときにこれを忘れて認証台数制限(5台まで)を1つ無駄にしたのをすっかり忘れていました。現在3台分使っていて、今回もやらかすところで、危ないところでした。たまたま、とあるブログ(失念...)に書いてあるのを見て、「おおお、そうだったそうだった」と。ありがとー>書いた人

さて。
インストーラディスクで起動→ディスクユーティリティーで内蔵HDDをフォーマット→OS X をクリーンインストール→設定アシスタントで「Time Machine バックアップから転送」でuser名・ネット設定など・アプリケーション・その他ファイルを復元するように設定(←標準設定ママ)。

これだけの作業で、予想以上にあっさりと新環境のできあがり。
Systemはまっさらになったのでトラブルも当然解消されたものと試してみると、やっぱり落ちる(泣)。ぐわー。となると、Time Machine から復元した何かが不具合を引き起こした or 要因になったと考えるのが自然。ええい、もう1回やりなおしじゃ。

今度は「Time Machine バックアップから転送」で、アプリケーションは復元しないようにチェックを外した以外は先ほどと同じ要領でインストールと復元作業をやりました。

結果、保存できないトラブルは解消。作業的にはどうということはなかったけれど、妙に疲れるトラブルでした。やれやれ……。

あとは、慎重にバックアップを取りながら、徐々に必要なアプリケーションを戻していく作業が残っています。使わないけどインストールだけしていたものも結構あるので、取捨選択もしなくてはいけません。まあ、大掃除だと思えばいいか。仕事には関係ないコンピュータなので、のんびりやりましょう。

必需品のATOK 2008、Jedit、小物のアプリケーションをいくつか戻しましたが、大丈夫のようです。ネットではトラブルメーカーの筆頭に挙げられることが多い ATOK ですが、無実のようです。そもそも私はATOK絡みのトラブルって起きたことないよね。上書きアップグレードしたこと自体が要因ということは、おおいにあり得ます。

ともあれ、Time Machine からの復元は恐ろしく便利・簡単だけど、考えなしに復元すると、トラブルの要因を抱えたまま戻すことになりかねないので、慎重にやるように>わたし

|

« Softbank携帯の赤アンテナに遭遇 | トップページ | Snow Leopard その後 »

Macintosh」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19203/46404958

この記事へのトラックバック一覧です: Snow Leopard、けっきょくクリーンインストールする羽目になった:

« Softbank携帯の赤アンテナに遭遇 | トップページ | Snow Leopard その後 »