« Snow Leopard その後 | トップページ | 『ダーク・クリスタル』、まさかのブルーレイ リリース »

2009.10.07

Snow Leopard で EPSON LP-9200PS2 を使えるようにする。ついでにWindowsXPでも。

Snow Leopard が AppleTalk をサポートしないのは知っていました。
でも、うちのLP-9200PS2はEthernetで使ってるもんね。関係ないわあ。

……関係大ありでした。
MacintoshのEthernet = EtherTalk → プロトコルは AppleTalk。ちーん………。

LP-9200PS2は、TCP/IP にも対応しているので、IPプリンタとして扱ってやれば、Snow Leopardからでも、WindowsXPからでも使える。はず。ただ、LP-9200PS2にIPアドレスを振る作業がなんだか面倒&失敗したときリカバーできる知識が私にない……といった理由で、WinXPからプリントできないまま5年が過ぎていたのでした。長すぎ。というのも Winはブラウズマシンで、プリントしたいと思う場面がなかったんですね。

さて。
LP-9200PS2に IPアドレスを振らないと Snow Leopardから使えないのであれば、やるしかない。必要でなければやらないけど、必要ならやりますとも。以前いただいた手順付きコメントとLP-9200PS2の「ネットワークセットアップガイド」を参考に、なんとか IPアドレスを振ることに成功しました。備忘録がてら書いておきます。


●LP-9200PS2にIPアドレスを設定する

00. プリンタのネットワークカードに記されている MACアドレスをメモっておく
  ex.) 00-00-c9-09-c6-59

01. ルーターの電源オフ
02. プリンタの電源オフ
03. プリンタのネットワークカードのジャンパをRST位置に挿しなおす。
04. プリンタのコントロールパネルの[オンライン]を押しながら電源オン
05. 液晶部に「EEPROMリセット」と表示されたら「オンライン」ボタンから指を離す
06. 電源をオフにし、ネットワークカードのジャンパを元に戻す
07. もう一度プリンタのコントロールパネルの[オンライン]を押しながら電源オン
08. 液晶部に「EEPROMリセット」と表示されたら「オンライン」ボタンから指を離す

-- ↑ ここまでの作業で プリンタが初期状態にリセットされる --
-- 最初、リセットせずにIPアドレスを振ろうとしたけど失敗。やはりやるはめに。--

09. WindowsXPのコマンドプロンプトを起動
10. arp -s [割り振りたいIPアドレス] [プリンタのMACアドレス] を実行
  ex.) arp -s 192.168.0.50 00-00-c9-09-c6-59
  ※ IPアドレスは ルータに設定されている範囲を逸脱しないように確認しておくこと。
11. プリンタの電源オフ → オン
12. コマンドプロンプトで、 ping [設定したIPアドレス] を実行
  ex.) ping 192.168.0.50
13. 反応があれば、かかった時間やパケットロスなどが表示される。
14. Macからも、ターミナルを起動して、同様にpingが通るか確認。
15. ルーターの電源オン


●Snow Leopard でプリンタの登録をする

なんてことない作業だと思っていたら、えらいことに。

01. システム環境設定>プリンタとファクス
02. ダイアログ左側のプリンタリスト下部の「+」ボタンを押す
03. 「デフォルト」「ファクス」「IP」「Windows」から、「IP」を選ぶ
  プロトコル 「LPD」
  アドレス   先ほど設定したプリンタの IPアドレス
  キュー    PASSTHRU
  名前     IPアドレスが自動入力されるが、わかりやすい名前に変える
  場所     任意
  ドライバ   ポップアップの「その他」→ LP-9200S2のPPDを指定
         (PPDファイルの保存場所は任意)

プリンタ追加の設定

当初、キューは空欄にしていました。上の図にもあるように「デフォルトキューの場合は、空のままにします。」と説明があったので。こういうことのデフォルトはいじらないほうがいいと思ったので。要はプロトコルとIPアドレスさえ正しく設定されていればいいと思っていたのに、プリントできない。なんでじゃあああああ。

プリントキューを監視しながらプリントしてみると、プリントが開始された直後にジョブが一時停止になってしまうという、わけのわからん現象が起きています。エラーではなく、一時停止。再開してみても、また一時停止になってしまいます。プロトコルをIPPにしたり、名前をIPアドレスのままにしてみたり、何度も何度もプリンタの登録をやり直してみましたがダメ。

止まったジョブのジョブ情報
▲線で囲んでいる部分に「lpd failed」と表示されている

あちこち見ているうちに、システムプロファイラにアクセスログとエラーログがあるのを発見。分からないなりに眺めてみると、プリンタとの通信は確立している(pingは通っているしね)ものの、LPDが失敗、つまりデータを流し始めたところでコケている、らしい。

で、どうせいっちゅうねん、ということになるんですが(^^;
USB接続のキヤノン製インクジェットプリンタはあっさり使えるようになったので、「これでいいか……」と、弱気になりかけたけれど、できるはずなのにできないのは悔しい。気を取り直して、再び「ネットワークセットアップガイド」を見てみる。たっぷり10年以上前のものだけに、MacOS X なぞ存在していようはずもなく、WindowsXPもない。ので、具体的な設定方法が書いてあるわけではないけれど、なにか引っかかるものはないかと、見てみる。

と、「一般的なプリンタキューの名前」という項目を発見。
曰く、「デフォルトは[PASSTHRU]です」。

え????

プリンタ設定を確認すると、プリンタ登録時に設定したプリンタ名(ex. EPSON LP-9200PS2)ベースのキュー名になっている(ex. EPSON_LP_9200PS2)。ひょっとして、キューを[PASSTHRU]にしたら……??

おおおお〜〜〜、動いたあああああ!!!
大正解でした。やっとできた……。疲れたあ〜〜〜〜。


●WindowsXP でプリンタの登録をする

こちらは予想外にすんなり。
プリンタ登録ウィザードに従っただけ。ちょっと引っかかったのは、最初に選ぶプリンタの種類で、LANだからと選んだネットワークプリンタではなくて、ローカルプリンタの方が正解だったということぐらい。MacよりWinのほうが簡単だったという希有な事例かもしれん。


-------------------------------------
Snow Leopard +LP-9200PS2 では、私がハマったキューの名前設定欄が空欄のままでも使えている方がいらっしゃるので正確なところは謎ですが、私はこうやってできるようになったという、ひとつの例として挙げておくことにします。

(2009.10.11 キャプチャ画像を追加しました)

|

« Snow Leopard その後 | トップページ | 『ダーク・クリスタル』、まさかのブルーレイ リリース »

Macintosh」カテゴリの記事

コメント

IP振るならLP系ならEpsonNet Configで一発じゃないのか?

投稿: 大熊猫 | 2009.10.08 03:03

まいど。

Epson Net Config なるものは検索に引っかかってこなかったけどなー、とダウンロードページを見てみた。対象リストには9200PS2は載ってないねぇ。9200PS3も載ってない。

残念なような、ほっとしたような複雑な気分。

投稿: SALCON | 2009.10.08 03:37

トラックバックありがとうございました。
トラックバックをいただいているのに気がついていませんでした。
しつれいしました。

投稿: sundaygamer | 2009.10.12 16:07

はじめまして>sundaygamerさん

sundaygamerさんの一連の記事がなかったら、使えるところまで持って行けたか怪しいと思っております。ありがとうございました。

投稿: SALCON | 2009.10.12 16:19

動きました!
Bonjourでプリンター共用でしか使えないのかと
いろいろマニュアルをひっくり返し試行錯誤していたときに
見つけて LP9200PS2が使えるようになって 
感謝です
ありがとうございます

投稿: yamtty | 2009.10.22 21:54

動きましたか(^^
お役に立てたようで嬉しいです。

MacOS X 10.4 あたりからでしたか、EPSONから「非対応」の一言で振られて久しいLP-9200PS2ですが、まだまだ現役でいけそうです。それにしても、なにがどう非対応なんでしょうね。知りたいような知りたくないような。

投稿: SALCON | 2009.10.24 15:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19203/46424036

この記事へのトラックバック一覧です: Snow Leopard で EPSON LP-9200PS2 を使えるようにする。ついでにWindowsXPでも。:

« Snow Leopard その後 | トップページ | 『ダーク・クリスタル』、まさかのブルーレイ リリース »