« 車いすを作るぞ(1) 下調べ編 | トップページ | 車いすを作るぞ(3) デモ機試乗編 »

2010.10.14

車いすを作るぞ(2) 福祉機器展でチェック編

10月1日。
福祉機器展に来たのは3年ぶり。
知らんあいだに車いす使用者の専用駐車エリアが無料になっていた。
最終日だったからか、はたまた前日が雨だったからか、えらい人出。

さあ、ちゃちゃっと見て回ろう。

OXエンジニアリング
Fusion
 シンプルなわりに調整箇所が多いのがウリ。なんだけど、あまり格好よろしくない(←好みの問題)。転がした感じは良かった。だけど、それだけじゃイヤン。ああ、室内用になら選択肢に入るかもしれないなあ。

NEO/NEO Plus
 格好は非常に好み。操作感もいい。クルクル回る。やっぱりいいわあ。フレームの剛性も素晴らしい。私のはクニャクニャだものなあ。ただ、価格が想定予算より少し上なのがやはり悩みどころ。基本価格へ要りそうなオプション品を足していくと、うーむ....な感じ(^^;

 価格を除いて気になるのは、大きめの荷物を運ぶための装備品が見あたらないこと。後述する NOVA III と MS にはフレームに取り付けるキャリア(フォークリフトのフォークみたいなもの)があるんだけどなあ。使用頻度はおそらく年に1〜2回だけど、頻度の問題ではないのだよねえ....。
 
 
 
ミキ(FORCE)/NOVA III
 カタログではイマイチあか抜けてないなーと思っていたけど現物を見てみると、あら意外にいいんでないかい?? さっそく試乗じゃ。

 漕ぎ出しは非常に軽い。それもそのはず、前出し6cm。これではさぞかし前輪を上げ易かろうと恐る恐るやってみると、力を入れる間もなく、ひょいと上がってビビる(^^; 機動性と安定性は相反するもの。前出し3cmぐらいが無難かも....と、ちょい弱気。前出しを大きくしても、転倒防止バーを付ければいい話ではあるんだけど、「転倒防止バーって要るもんですかね??」と訊いてみると、「最初は付けておいて慣れたら外しても...」と、なんだか補助輪付きで自転車に乗る、みたいな話になった。ヘビーユーザーとおぼしき人でも付けているのをけっこう見かけるしなあ。保険と考えるのがいいのかもしれん。でも、保険は使わないと無駄なんだよなー。悩む。この点は、NOVAだけではなくて各社共通のこと。

 さらに言えば、転倒防止バーとティッピングバー(車いすを押す人が、段差を越えるのに前輪を上げるために踏むところ)は、どちらか一方しか付けられないってのも悩みどころ。グリップを押し下げても前輪は上げられるらしいんだけど.....、ティッピングバー、要る??>誰ともなく訊いてみる

 全体的な操作感はオーエックスの NEO(Plus) と大差ない。というか違いがわからん。車いすユーザーでもある説明係の人によると、40〜50万円クラスの高級機では各社の違いが出てくるけど、(私が候補にしているような)エントリークラスの価格帯ではどこのも似たようなもの、とのこと。

 話を聞きながらカタログでオプション品をチェックしていると、「フロントキャリー」なるものを発見。常々、大きめ荷物を楽に運べないものかと悩んでいた私のニーズど真ん中の一品。耐荷重を訊いてみると驚きの70kg。10kgもあればいいなあと思ってたので十分すぎる。ま、なんかあったら荷物持ちもできまっせ、ということで。
 また、同じくオプションの「アシストグリップ」も自分の体を持ち上げるときや、階段の上り下りの際に介助者が掴むのにも重宝しそうで、これも私には必需品に思える。

 なにやらオプションが決め手になりそうな勢いだけど、本体の操作感に大差がない以上、そういうこともあり得るわなあ。ま、もうしばらく冷静に検討してみる。
 
 
 
Nissin/MS(モビルスーツに非ず)
 ブースにあったのは「MS II」の試作車。候補に挙げていた MS の後継機にあたり、来年1月発売(予定)に向けてブラッシュアップ中とのこと。うーむ、1月まで待っていたら「車いすを作ろう熱」が冷めてしまうではないか。

 いちおう座らせてもらって軽く転がしてみても、やっぱり他のと違いがわからん....。このタイプの車いすに対する経験値がほとんどないから、実際には違いがあっても感じ取るセンサーがないのよね。だいたい、どれに乗ってもいまのより「遙かにいい」からなあ。

 MS II はまだ試作車なので紙の資料はなし。元々の候補である MS を含めた MAX PLESUREシリーズのカタログをチェックすると、NOVA III のフロントキャリーと同等のものがオプションとして設定されてた。当然、MS II にも設定されるよね??
 
 
 
松永製作所/LS-iP
 ブースで現物を見るも、なーんかピンと来なかったので試乗せず。説明も聞かず。
 いいのか。
 
 
 
というわけで。
「車いすヘビーユーザーたるもの、やっぱオーエックスでしょ(少し高いけど)。」と思っていたものの、乗り比べてみると、見た目+使い勝手の総合点で NOVA III がリード。正直言って、「格好ええ〜!」というほどではないけれど、フレーム塗装なんかしたら見栄えが良くなるかもね。

 次のステップは、デモ機を借りてクルマへの積み降ろしや自宅周辺での試乗じゃ。今月中にできるといいなあ(販売店からの返事待ち中)。
 
 
つづく。

|

« 車いすを作るぞ(1) 下調べ編 | トップページ | 車いすを作るぞ(3) デモ機試乗編 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

どうせ乗るなら、MS-06がええやろ。。。w

投稿: KAZ。 | 2010.10.14 16:25

そりゃあ、そうやねえ(^^
ガンダム不在のいまなら無敵じゃ。

投稿: SALCON | 2010.10.14 16:34

てっきり、さるこんがノコギリとペンチ(?)持って作るのかと思ったんだけど・・・。

投稿: HIROMI | 2010.10.14 18:18

おひさ>HIROMI
なぜにノコギリ......。日曜大工か(^^;
自分で組み立てる車いすキットなんかがもしもあったら、それはそれで楽しそうではあるな。いや、どっちかというとバラすほうが楽しそうやなあ。いやいや、新しい車いすが来てもバラしたりしないけど(やってみたいけど)。

投稿: SALCON | 2010.10.14 18:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19203/49740646

この記事へのトラックバック一覧です: 車いすを作るぞ(2) 福祉機器展でチェック編:

« 車いすを作るぞ(1) 下調べ編 | トップページ | 車いすを作るぞ(3) デモ機試乗編 »