« 無駄にドラマチック | トップページ | 信号待ち »

2011.10.28

秋空とクレーン

クレーン

たいていの子ども、とくに男の子はいわゆる「働くクルマ」、消防車やゴミ収集車、工事現場なんかにいるクルマが大好きなもんだと思うんですよ。うちの甥っ子もそうだった。けれど、思い返してみると、私が子どものころは、どうも興味がなかったみたいだなあ、というのをこの写真の現像設定をしながら思ったのです。本さえ与えておけば1日放っておいても大丈夫という、そんな感じ。

で、いい大人になってこんなもん撮っていると、通りすがりのおばちゃんから不思議そうな視線を浴びたりするんだな……(^^;

|

« 無駄にドラマチック | トップページ | 信号待ち »

写真」カテゴリの記事

コメント

うむ。
小学校4年生くらいの男の子が、こういう消防車やクレーン車のボルトからキャタピラから「ぜんぶ描いた。」みたいな絵っていうのは、大人のどんな絵にも勝る魅力があるなぁと心底思う。

彼らの絵から伝わってくるのは、「正確であろう」とも「上手くあろう」とも思っていなくて、彼らが「こう見た」「こう感じた」「なぜ描いたかわからない、衝き動かされて」が、そのまま素晴らしく魅力的なのだよね。

女の子だった私も細かく描いたことは描いたんだけど、男の子の拙い線の熱い衝動に内心舌を巻いたものだなぁ。
「バッカじゃないの?」
(意訳:コイツは天然だからとてもかなわない)。

でも大人になった今、改めて見ると・・・。
ああ、ぐぐっと来ますねぇ。
今頃になって、少し分かった気がします。10歳の男の子の衝動が。

青い空っ。

投稿: かしす | 2011.11.05 03:05

まいどー。

コメントを読んで思ったんだけどね。
車いすに乗っていると、目の高さって小学校低学年の子どもぐらいじゃないかなー…と。より見上げるカタチになるから、「おおっ」と思ったのもむべなるかな。

機会があれば真下から撮ってみたいなあ。

危ないからダメです

投稿: SALCON | 2011.11.05 18:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19203/53104186

この記事へのトラックバック一覧です: 秋空とクレーン:

« 無駄にドラマチック | トップページ | 信号待ち »