パソコン・インターネット

2008.07.23

Bフレッツ・マンションタイプになった

いま住んでいる集合住宅にBフレッツ・マンションタイプが導入されたので、ハイパーファミリータイプから乗り換えました。正確にはマンションタイプに新規加入して、その後にハイパーファミリータイプの解除という流れになります。建物から外へ出て行く経路が違うからなのかどうなのか、電話1本での切り替え手続きはできないそうな。まぁ、加入と解除の手続きをそれぞれやる手間だけの問題なので、どうってことありません。

さて。
1Gの線を一定地域内の複数ユーザーで共有(1ユーザー最大100M)するハイパーファミリータイプと比べて、マンションタイプは100Mの線を建物内で共有、さらにここの建物の場合はLANではなくVDSLのため速度がどのくらい出るのか申し込み前から一抹の不安がありました。調べてみても建物内の電話線の状況により変動する幅が大きいようで、目安すらよくわかりません。もしもADSL並みだったら悲しいよな...と思いながらフレッツスクエアで計測してみると45Mbps前後の数値が出て、とりあえず一安心。電話線の状態は良さそうだし、(いまのところ)ネットのヘビーユーザーもいないようです。私とてネットで動画をばんばん見る趣味はないし、仕事ででかいファイルをやりとりすることもなくなったし、光じゃなくてもADSLでいいじゃないかと思わないでもないけれど、料金はいまやあまり違わないんですね。

あと、マンションタイプにしたのに併せてプロバイダーも変更。数年前にjpドメインを取ってメインのメールアドレスを変えて以来、スパムメールしか来なくなっていた、これまで使っていたプロバイダ発行のメールアドレスと、ようやくおさらばできるのがうれしいです。迷惑メールフォルダに1通も入っていないのを見るのは何年ぶりだろう?? スパムしか来ないPOPサーバなんか、アクセスしなきゃいいだけではあるけれど、ごくたまにこのアドレス宛にメールを寄越す古い友人がいる(アドレス帳更新してください……)ので、なかなか踏ん切りがつかなかったんですよね。

ところでマンションタイプ導入工事を行うにあたり、ひとつだけ盲点がありました。
工事は建物内の電話回線をVDSL装置に接続+部屋内にモデム設置して終了……のはずなんですが、それは回線契約先がNTTの場合。私は、ちょっとばかり安くなるというのにひかれてKDDIと契約しています。で、この場合はウチの部屋にあるモジュラージャックからMDF室内にあるVDSL装置までの配線を新たに設置する必要があり、その工事費が5,000円ちょっとかかると。言われてみれば、そりゃそうですよねえ……って感じ。私のほうは「じゃあ、やってください」と言うだけですが、工事の人はケーブルをどう通せばいいのか探るのに大汗かいておられました。NTTからの委託業務であろう工事の人は、予想以上に時間を食っちゃって内心穏やかではなかったかと思います。終わったら麦茶でも出そうと考えていたら、そんな間もなく帰ってしまわれました……。おつかれさま。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.10.25

どうするAdobe

Adobeのアップグレードポリシーの変更は騒ぎになりつつあるようですね。Adobeから「重要なお知らせ」のメールが届いてもいますが、情報系でもノウハウ系でもない当Blogでも、この件に関するキーワード検索でのアクセスが急増しています。

さて、「要るもの(←いま、でなくても)をケチるんじゃない」と基本的に冷淡な私ではありますが、Adobeのやりくちはあくどいと言われてもしょうがないと思います。旧macromediaのようにアップグレード対象バージョンに制限があったり、アップグレード申込期間が限られているベンダーもある中で、いつでもアップグレードできる(できていた)Adobeは安心だったはずです。それが、紙もWebも独占したとたんにこの仕打ち。日刊デジクリでも吉井宏氏が「Adobeはハシゴをはずした」と言っておられます。

CS3が出るのはいつ?? 来年第一四半期とかでしたっけ?? 時間がありませんよね。稟議書をどうやって通すか頭を痛めている方々、ご苦労様です。制限を設けるが避けられないのなら、せめて次の次(CS4)からの適用にできないものでしょうか。

今回の「仕打ち」の理由はなにか。
何年もアップグレードしていないユーザーはもう要らないから?? 半ば強制的にアップグレードさせると儲かるから?? アップグレード対象でなくなったユーザーが困って新規で買い直せばさらに儲かるから?? なんにせよ昨今よく言われている「顧客第一主義」は、Adobeの頭の中にはかけらもないようです。ああ、やっぱり顧客と思ってないのか。こりゃあ、どれだけ非難されてもしょうがないやね。自業自得。

というわけで私個人はなにも困りませんが、Adobeのやり口に対しては不快感を表明しておきます。
実際に困る人はAdobeに対して声を出しましょうね。
でも、まずは自衛するのを忘れないように。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.10.22

Adobeがアップグレードポリシーを変更

実験る〜む「遂にやっちまったか」より。

これまで過去の全バージョンからアップグレードできていたのが、3バージョン前までを対象にすると変更されました。この件について「M.C.P.C」でも述べられているように、macromediaと合併した悪しき影響だと思われます。


Adobe アップグレードポリシー変更について

次回の主要リリースから、クリエイティブ製品のアップグレード対象に新しいポリシーを適用し、過去主要3バージョンまでをアップグレード対象とさせていただきます。それ以前のバージョンをお持ちのお客様に関してはアップグレード対象外となり、通常の製品版をご購入いただくことになりますので、何卒ご理解の程、よろしくお願い申し上げます。

ご理解したくない人、多そうですねー。
こうなると、現在 Illustrator 5.5とか8.0.1 + Photoshop 6.0 + Acrobat 5 あたりを主なツールとして仕事をしている人は、次バージョンが出た時点で行き止まりにということに。言いたいことが山ほどあっても、当分MacOS Xに移行せずCS2シリーズを使う機会がなくても、CS3が出る前にアップグレードしておきましょう。

さて私はというとCreative Suite CS(1.0)なので、CS3が出てからアップグレードすればOK。あと、Adobeがmacromediaと合併した際に過去のFLASH全バージョンからStudio 8 にアップグレードできたのは「M.C.P.C」のCLさん同様、ラッキーでした。持っていたのが FLASH MX で、8が出た時点でUGできなくなってどうしたものかと思ってたんですよね。単品登録はAcrobatだけで、これはver.8へのアップグレードを予約済み。強いて言えば GoLive 6.0 も持ってますが、これはもう使わないからお蔵行きと。

基本的に新しいモノ好きなのでAdobe製品に限っては真面目に(馬鹿正直に)アップグレードし続けてきたので、アップグレードポリシーが変わっても何も変わらないんですが、アップグレードに興味がない/新しいことを覚えるつもりがない/目先の出金を極端に嫌う人や会社ってのは確実に存在していますよね。そういう方々はどうするんでしょうねー。好きにしてください。警告はしましたから。

ともあれ、世知辛くなったのは確かであります。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006.07.20

フォーラム@niftyの終焉

フォーラム@niftyがついに終わることになりました。

「フォーラム@nifty」は、2007年 3月31日をもって終了します。

 この度、2007年 3月31日(土)をもちまして「フォーラム@nifty」(フォーラム、サークル、マイデスク機能)を終了することとなりました。これまで長い間、当サービスをご利用いただきましたお客様には深く感謝申し上げます。

1988年2月に高校時代の友人に引きずられるようにしてNifty-Serveに入るや、いくつかのフォーラムにどっぷり浸かり、フォーラムの電子会議室(ボードですな)やRT(リアルタイム会議—会議をやっていたわけではなく雑談。つまりはチャット)で毎日毎日話すのが本当に楽しかった。当時は青天井だったアクセス料金と電話代の請求書に怯えながら。

Nifty-ServeからNIFTY SERVE、@niftyへと名前を変えながら、さまざまなサービスが提供されてきましたが、私にとってはニフティ=フォーラムでした。一時は300を超えていたフォーラムも、いまでは80ほどと聞きます。なお日常的にフォーラムへアクセスしている人数がどのくらいなのか知りませんが、サービス開始当時は柱だったものも、いまではリストラ対象。最後にかかわったフォーラムが2004年に他の多くのフォーラムとともに閉鎖となったあと、残ったフォーラムにアクセスすることもなくなった私には寂しいなどと言う資格はないのかもしれませんが、私の中でなにか区切り線のようなものが引かれたような気がします。

フォーラムで知り合って、いまやネットとは無関係に付き合いがある友人達がいなかったら、いまの私はなかったかもしれないのだよなあ。しみじみ。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2005.03.29

間違いかよっ

きのうAdobeから送られてきた「重要:新しいシステムとユーザIDのお知らせ」に書かれている新しいユーザIDは間違ってたんだって〜。

昨日「重要:新しいシステムとユーザIDのお知らせ」のタイトルで配信させていただきましたメールにおいて、<新しいお客様のユーザID>の情報の記述に誤りがありました。大変申し訳ございませんが破棄していただきますようお願い申し上げます。後日改めて、正しい情報のご案内を申し上げます。

一部ではフィッシング疑惑まで取りざたされたこの件、Adobeの担当者はさぞ青くなっていることでしょう。なむなむ....。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.28

AdobeのユーザーIDがいぱーい

今日のお昼過ぎ、Adobeから「重要:新しいシステムとユーザIDのお知らせ」メールが来ました。ユーザ登録用の「ユーザID」とテクニカルサポート用の「サポート契約番号」を一本化するそうです。ウチには90日間の無償テクニカルサポート期間中のアプリケーションはなく、有償サポートの契約もしていないため恩恵はほとんどありません。

あ、そう。好きにしてちょうだいと思っていたら同様のメールがさらに3通、届きました(^^; 過去に、既存のユーザIDを記入せずに新規でユーザ登録しちゃったんでしょう、たぶん。このまま放っておいても特に困ることはなさそうだけど、せっかくなので(なにが??) IDの一本化をしようと手続き方法を調べたら、オンラインではできないんですね。PDFで用意してある指定の書式をAdobeへFAXで送らなきゃいけないそうです。

ちなみに、オンライン・ユーザ登録の際に発行される Adobe ID を持っていると、住所変更などの手続きが楽だったり、登録している製品の一覧がWeb上で確認できるなど便利そうなので、ユーザIDの一本化手続きをする前に(ここの順序は実は重要) Adobe ID を取得しました。これまでAdobe製品はFAXで登録していたので、実は Adobe ID なんてのがあることも知らなかったのでした(^^;

んー。
いろいろと簡略化するのは面倒なことなのだなあ。

【備忘録】

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.03.25

こんどはPoserの優待販売

Poserユーザー向け優待販売のハガキが来ました。まだ存在してたんだ(^^;

そのむかし、Ver.1 を面白がって買ってみたけど、ちょっと遊んだだけでお蔵になってしまいましたとさ。それがいつだったのかすら忘却の彼方ですが、いまだにアップグレードができるのは少しエライです。どこぞのベンダーなんぞ、2世代前までしか面倒見てくれないものね。

Poserといえば「ぽざまん」ってあったよなぁ。まだあるのかね?? とググる。

.....あった。
久々に笑わせていただきました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2004.10.09

WindowsXP、LP-9200PS2の接続に悪戦苦闘

OpenType10書体が化けたhpのマシンは先月末に届いたものの、仕事がバタバタしていて落ち着かず、玄関先に放り出したままになっていた箱を数日前にやっと開けました。

初期セッティングはMacもWindowsXPも大差なく、なんなく終了。気になっていたWindowsXP SP2による穴埋めは、やっぱりプリインストールされておらず、言われるがままにアップデートをしたあとは OperaだのNN7だのをダウンロードっと。

と、ここまではよかったんですが、Mac数台とともにEthernetでつながっているEPSONのレーザープリンタ・LP-9200PS2を認識させるのに苦闘しております。具体的には、「プリンタのインストール」で新しいポートとして「Standard TCP/IP port」を選び、あとはLP-9200PS2のIPアドレスを指定→ドライバのインストール、と進むはずが、肝心のIPアドレスがわからず壁にぶちあたっている状態です。プリンタのIPアドレスなんか、これまで意識したことないってば。Macだと基本的にEthernetのケーブルをつなぎ、セレクタでPPDの指定をすれば終わり(MacOS 9.x)だからなぁ....。IPアドレスぐらい勝手に見つけるか勝手に付けてほしいものです(暴論(^^?? )。

あれこれ調べ回ってみると、LP-9200PS2は出荷時にIPアドレスの設定はされていないらしいことが判明。ウチのネットワークはDHCPによるIPアドレス自動割り当てなので、いずれにせよ、プリンタには固定IPアドレスを割り当ててやらなきゃいけないようです。これがまたコマンドラインでワケワカな呪文を唱える必要がありそうで、ちょいと腰が引けてます(^^; 万一のとき、元に戻す方法もわかんないし。

EPSONのサイトでEthernetネット接続時の各OS対応状況を見ても「WindowsXP添付のドライバで対応」と書いてあるだけで、どうやりゃいいのか書いてない〜。そりゃあ、TCP/IPに対応してるのは最初っからわかってるんだけど〜。

まぁ、Web方面にしか使わないWindowsXPなので、プリントできさえすればいいわけで(それも必須というわけでもなく(^^;)、イマイチみっともないけどシリアル接続しちゃおうかなぁと考えたりもして。

WindowsXPにLP-9200PS2をTCP/IPで認識させる簡単なやり方をご存じの方、ご教授いただけると嬉しいです...。などと独り言を言ってみるのでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004.09.22

OpenType導入延期。替わりにWinマシンが(^^;

「とっとと申し込んでしまおう」と書いたOpenTypeの優待販売ですが、代金の振り込み直前になって方針変更、お代はhpのマシンに化けてしまいました。冷静に考えたら、使用中の初代バイオ君(もらい物(^^;)では何かと不都合・不便なことが多くなってしまい、いま必要なのは OpenType ではなく Windows XP のマシンであるという結論。なんとWinマシンを買うのは25年のパソコン歴で初めてという、なんともはやなお話であります。しかし...、Winマシンを買うのは、なんか悔しい(意味不明)。iPodが買えたなぁとか、もう少し足したらAdobe cs のアップグレードができたなぁとか、いらんことばかり考えてしまいます(^^;(OpenTypeはどこに行った??)

とはいえ、WindowsでDTPするつもりはさらさらなく(MacOS X の環境整備も済んでないのにとんでもない!)、もっぱらWeb方面オンリーな使い方になるんですけどね。ほんとはLANだけで外部には繋ぎたくないんだけど、それはそれで不便そうだしなぁ。相対的に平和なMac生活が長いもので、なんでもありのWindowsウイルスは怖いっす。カムカム・エブリバディでは問題がありすぎるから、とりあえずノートン・アンチウイルスは買いましたけど。

ブツが届いたら、なにはさておきセキュリティホールの穴埋め作業ですね。それとも穴埋め状態で出荷されるんかな〜?? 謎。

ほいでもってOpenTypeの購入は、優待販売(10月からは8,400円/1書体)が終わる来年9月までになんとかしないと定価で購入ということになってしまいます。なんとかなるんだろうか(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.03.26

W32.Netsky.P@mmワーム

「W32.Netsky.P@mm」ワームが添付されたメールがたて続けに届いたようです。「ようです」というのは、プロバイダ側で削除した旨のレポートが届いたので気が付いたわけなんですが、シマンテックのサイトを見ると、被害が増えているもよう。私はMacユーザーなので感染のおそれはないけれど、ただでさえ多いゴミメールがさらに増えるかと思うと、うんざり。差出人は例によって詐称なので突き返しても意味ないし....。

メインで使っているプロバイダのメールサーバーが過負荷になっている報告もあって、こいつのせいかなぁ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)