ゲーム

2006.01.21

セガラリー2006は高速ダートラゲームか

予約していたのが届いたまま放ってあった「セガラリー2006」をようやくやってみました(キャリアモード)。




で、印象ですが。
ん〜〜〜〜.....。これはラリーではないな....。
各イベントには、タイムアタック(SSですね)とレース形式(旧来のでおなじみ)のものがあり、レース形式のはともかくとして、タイムアタックでもラリーをやっているという感覚が非常に希薄です。公道を市販車ベースのクルマで走るという以外にラリーの要素が見あたりません。後述しますが、コ・ドライバーも半端仕事だし。なので、これは2人乗車のダートトライアルじゃないかというのが私の印象です(^^; 公道でダートラもないですけどねぇ。ビギナーイベントでは同じコースを3本走ってベストタイムを競うものがあったりするので、これはもう完全にダートラやジムカーナといったスピード競技の形態です。

これまでに走ったコースはおおむね3kmぐらい(コースの種類は多いみたいなので、いずれ長いのも出てくるのか??)で、走行タイムは1分ぐらい。ということはアベレージ180km/hほど。......ありえんやろ(^^; 問題のコ・ドライバーはペースノートを読むものの、なにも言わずにすっ飛ばすコーナーがちょくちょくあるので信用できない。さらに、タイムアウトがないキャリアモードにも存在するチェックポイントを通過するたびに「チェックポイント!」の効果音(声)でペースノートを読むのが中断されてしまうため、ペースノートをアテにしているとエライ目に遭います。そもそも次のコーナーしか告げてくれないので、2つ先のコーナーに備えた姿勢を作るのは不可能。コースを覚えて目で見て走るのがいちばんということになっちゃいますね。これではペースノートの意味がない(^^;

なので、これはやっぱり「2人乗車がレギュレーションで定められている世界のダートラ競技で、助手席の乗員はコ・ドライバーではなく基本的に荷物(爆)。コース情報はあくまで参考(うーむ)」、そういう世界なのだと思ってしまえばコ・ドライバーの中途半端な仕事にもあまり腹が立つこともなく平和のような気がします。

ところで、レースの成績が良ければスポンサーからオファーがあり、要求に応えられればボーナス(というか成功報酬だな)が出ます。スポンサーと契約すると車両にステッカーが貼られるのですが、こういう演出は楽しい。

さて、ドライビングフィールは良くも悪くもセガラリーで、ドリフトアングルをきっちり取れれば、ブレーキはほとんど必要ありません。最初、普通の感覚でブレーキングしていたら、あっという間に置いて行かれましたよ...。旧来の空中ガードレール(?)も健在で、激しくジャンプしても転倒やコースアウトの心配はありません。これが「WRC4」だと激しく落ちたり刺さったり転んだり...が一種の楽しみでもあるのですが....(^^;

というわけで「セガラリー2006」は、「ラリーのような雰囲気をまとったレースゲーム」。けっしてラリーゲームではありません。じゃあ、ゲームとしてはどうなんだというと、これはこれで面白い(^^; GT4やWRC4、リチャードバーンズ・ラリーといった「突き詰める」タイプのものばかり手にしていたせいか、久しぶりにクルマゲームをしたなあという感じですわ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.11.15

セガラリー2006

Amazonよりメール。
セガラリー2006が出るんだとさ。うーん、いまさらセガラリーでもないかなぁと思ったんだけど、初回プレス特典で初代セガラリー(アーケード版)を再現したやつが付くなんて言われたら、しょうがないじゃないか。いま見ると画面はショボいに決まってるし、現実にはありえない挙動もGT4に慣れてしまった身には辛いものがありそう。でもあの頃は衝撃だったなぁ、懐かしいなぁ。というわけで予約しちゃいましたよ。ぽちっとな。

発売予定は、06/01/12。
仕事が始まってるやんかー。どうするんだ。

・公式サイト:www.segarally.com

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.02.26

PS2の読み込みエラー対策

GranTurismo4で読み込みエラーが頻発しているらしいというのは知っていたものの、他人ごとだと思っていました。がっ。ウチのPS2(SCPH-30000)でも起きてしまった....。最初のうちは1〜2度リセットしてやれば読み込んでいたのが、しまいには20回やって読み込むかどうかという、ひどい状況に。

GT4は2層DVDにみっちりデータを詰め込んでいるから読み取りにシビアらしいという説もあって、手許にある2層DVD(映画)で試してみると、ほとんどはOKだけどダメなものもあり。その他のゲームや音楽CDはさくっと読み込むだけに腹が立つ。ううむ、どうしたもんか。

読み込みエラーはピックアップレンズの汚れによると思われるので、とりあえずレンズクリーナー(乾式)の連続攻撃を敢行。読み込もうとする努力の度合い(なんだそりゃ)は増えたような気がするものの、結果は変わらず。いっそのこと新品を買ったろうかと短気を起こしかけて、なんとか踏みとどまる。

修理に出すと、2週間ほどの時間とレンズ交換代が9,000円ほどかかるらしい。時間はともかく、9,000円は高いなぁ....。さらに調べてみると、自力で直した人が報告しあっている板を発見。そのなかに、「45度傾けると改善される」というのがあった。リスクゼロなのでさっそく試す。おお、読んだ。2回目、ダメ。がっくし。やはりバラすしかないか...。それで壊れたら新品買ってやる〜〜〜! いや、中古でもいいけど。

■以下は、保証が受けられなくなる作業です。
■当然ながら、作業の際はご自身の責任でお願いいたします。
01.背面の封印シールを剥がす(グリコ事件のときのお菓子のように「開封済み」が浮き出る)
02.本体裏のビスを8本外す(プラとゴムのカバーあり)
03.上蓋を外す。フラットケーブルが繋がっているので曲げたり切ったりしないように。
04.+の精密ドライバーでドライブを覆っているカバーを外す(ビス4本)
05.台所用中性洗剤を薄めたものを綿棒につけ、ピックアップレンズをそぉっと拭く
06.水を綿棒につけ、再度そぉっと拭く
07.カバー類を元に戻す
08.しばらく放置
09.ケーブル類を繋ぎ、祈りながらディスク投入

きゃっほ〜。すんなり読み込んだ♪
これで9,000円(もしくは2万円弱)浮いた♪ よかったよかった。
....なんてことをやっていたら朝になってしまった。

| | コメント (7) | トラックバック (0)