モータースポーツ

2007.10.08

ノリックまで……

さきほど、私が最も敬愛する二輪ライダーである「ノリック」こと阿部典史選手が交通事故死したのを伝えるテレビニュースに出くわして、呆然としてしまいました。「死亡:阿部典史さん」のテロップを見たときは「あら、ノリックと同じ名前だ」なんて思っていたんですけどね……。

現場は神奈川県川崎市大島1丁目の市道。アサヒコムによると、

川崎署の調べでは、現場は片側2車線の直線道路。4tトラック(※)がUターンしようとしたところ、右後方から近づいた阿部さんのオートバイが衝突したという。現場はUターン禁止だった。
(※報道では運転手の実名が出ていますが、ここでは伏せました 10.14修正)

他の報道によると、トラックは対向車線の「左車線から」Uターンしてきたようです。対するノリックは中央線寄り。トラックは停止状態からのUターンなのか、走行中にいきなりUターンしてきたのか、さらにはノリックのバイクの車速といったことは現時点では不明ですが、Uターン禁止の場所でのこんな動きを警戒もしくは予期するのは不可能に近いです。壁が横から飛び出してきたというのが近いかもしれません。

ノリックはフロントタイヤに加重をかける独特のライディングフォームとヘルメットからはみ出して風になびく長髪で、集団の中でもどこに居るか、すぐわかりました。予選で沈んでも決勝ではロケットスタートで先頭集団へ。はまれば速いけれど、転倒やずるずる後退してしまうことも多く、WGPでは通算3勝。3勝しかしていなかったのかと驚くほど、強烈な記憶を残すタイプのライダーでした。motoGP最高峰クラスで2001〜2005年の5年連続チャンピオンであるV.ロッシがデビュー当時に、ノリックのファンであることを公言していたのも有名なエピソードです。個人的には、2000年の鈴鹿・日本GPでファイナルラップまで競り合った末の優勝が忘れられません。これが最後のWGP優勝となりました。その後、スーパーバイクに移った2005〜2006年もスカパー!で見ていましたし、motoGP中継での解説も楽しみにしていました。

享年32。
合掌。


それにしても……。
先月、元WRCドライバーのコリン・マクレーが、自身が操縦するヘリコプターの墜落事故で逝ったときにも感じたことですが、レーシングドライバー/ライダーがコンペティションの現場以外で亡くなることに、ものすごい違和感を覚えてしまいます。サーキットやSS中なら死んでもしょうがないということではなく、あんなに乗り物を操ることに長けている連中が、なんでもない日常の中で死ぬことがあるというのが、いまだに信じられません。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2005.06.20

F1パレード

F1アメリカGPでのミシュランタイヤ騒動の結末は、フォーメーションラップ後にミシュラン勢が全車ピットに戻ってしまい、ブリヂストンの6台だけでスタートすることになっちゃいました。観客が、「金返せ」「黒旗ぢゃ」なんて急造プラカードを掲げていたのには笑えたけど、中身入りのペットボトルを投げるのは危なすぎるからやめましょう。

こんなトンチンカンなレースを見ることはそうそうないだろうから、つまんないの我慢して(シューマッハとバリチェロが絡みそうになった一瞬は少し期待(←なにを??)したけど)見てますが、それにしても6台ねぇ...。もともとバトルがないのに6台ねぇ。ん?? 6台?? なにか馴染みがあるような....。

あ、GT4状態ってことね(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.05

NHKでmotoGPをやらないだと??

Sky's The Limit v2「やっと決まった、MotoGP テレビ中継」より。

フジテレビが「F1開幕!」と騒ぐので、そういやmotoGPはいつからだっけかと調べていたら上のエントリに行き着きました。むー。NHK BSは motoGP放映から撤退したのか...。落ち着いた実況が気に入ってたんだがなぁ。これからは日テレかぁ...。くー。

ちなみにCSの「G+」での放映は4月の番組表でも明記されておらず、いまだ未定のようです。仮にG+で完全中継されるとしても、阪神ファンとしては読売チャンネルを契約するのにはめちゃくちゃ抵抗がある(爆)。

私の好きな阿部典史がスーパーバイクに移ったこともあるし、そのスーパーバイクはスカパーの「J-Sky SPORTS」で見られるし、motoGPは日テレでいいかぁ。万一、中継が気に入ったらG+の契約を考えないでもないこともないかもしれない(どっちだ)。

そうそう。GTとFポンの実況も、いいかげんどうにかならんもんかな。うるさくてしょうがない。F1はもともと見る気がないからどうでもいいです(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004.09.05

ラリージャパン終了

ラリージャパンはソルベルグの勝利で終わり、レグ1の結果からは意外なほど2位以下が離れてしまいました。レッキで作ったペースノートが実際には合わなかったチームが多かったようだけど、一部には「甘く見ていた」という声もあったとか(^^;

ともあれ、スバルは地元で勝利を決め、ポイントリーダーのローブはきっちり2位で完走、サインツも5位で完走してシトロエンはマニュファクチャラーズ・タイトル争いをますます独走し...で、みんなハッピーだったんではなかろうか。あ、またミッションが壊れたグロンホルムは辛いかぁ。

で、ESPNの特番を見ながら書いているわけですが。
むかし、九州のラリー・チャンピオンシリーズのオフィシャルをしていた頃に「走り方が1人だけ違う〜」と驚嘆したドライバーが走っている姿が1カットだけ映って懐かしかった。エントラントリストには、当時、雑誌でよく見たラリーやダートトライアルでのトップドライバーの名前がぞろぞろある。おいおいいったい何歳まで走ってんだよと思ったら、どうも字面が違う。息子なんだね。国内Bライはとっくに流してしまい、プレイドライブなんかのラリー雑誌も読まなくなって久しいけれど、ちょっと昔を思い出して遠い目になったのでありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.09.04

ラリージャパン始まる

WRC 2004 第11戦、ラリージャパンがついに始まりました。
ESPNの特番を見ましたが、日本の林道をWRカーが走る姿は新鮮。道が狭すぎてドライバーは大変そうですがぁ。30km〜40kmのロングSSがないので、最初からプッシュしないと置いて行かれるだろうという戦前の予想どおり、レグ1はソルベルグ・ローブ・グロンホルムが飛び出して、4位のマーティンは3位に43秒遅れと少々苦しい展開。それでも、道が狭いだけに、少しスライドしすぎて側溝にはまって出られなくなる(横っ飛びした勢いで側溝をまたいでしまって、どうしようもなくなった例もあり(^^;)という、国内ラリーではよくあるリタイアで上位が落ちることもありうるし、タイム差だけではまだ分からないかなぁ。「ホーム」のスバル・ソルベルグはプレッシャーで大変だな。

ところで、NHKのニュースでもラリージャパンが取り上げられていましたが、これがまたひどかった....。映っていたのはプライベーターのGr.Nだけだったし、「舗装されていない道をタイヤをとられながらも巧みなハンドルさばきで...」なんて言ってるし(^^; ま、こんなもんか。それにしても、ワークスのクルマは放映しちゃいかんとかいう決めごとでもあるんかいな。

ESPNの特番も内容的には見るものなかったなぁ。番組序盤は「DAY 0」的で退屈。雰囲気はなんとなく掴めたけど、各ステージのタイムやら誰にどんなことが起きたのかが、さらっとしか触れられていなくて、レグ1の順位が分かっただけ。本家の番組のようにはいかないか...。

しかしまぁ、ギャラリーはよく集まってますねぇ。昨年のアルペン・ラリーで側溝にはまった奴田原が泣いたように、ギャラリーの目の前でコースオフしても助けてあげられない(だろう)から、選手側からするとアテにならんのだけども(^^;

ともあれ無事に終わって、来年以降も続きますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.07.25

サインツ勝ったぁ〜〜〜

2004WRC第8戦、アルゼンチンラリーでC.サインツが勝った〜。今日のESPNの番組を見るまでリザルトを調べていなかったので、まさかこーゆーことになっていたとはつゆ知らず、えらく驚いた(^^; これで通算26勝と、単独トップに躍り出ました。25勝のC.マクレー、24勝のT.マキネン、23勝のJ.カンクネンは現在WRCを走っておらず、サインツに続く現役ドライバーはグロンホルムの15勝(だっけ)。当分の間、サインツのトップは安泰です。

思い返せば一昨年末のレギュレーション変更で、それまでの1チーム3台から1チーム2台までとなったとき、フォード内で微妙な立場だったサインツはあぶれてしまうんじゃないかと言われていたのが今となっては嘘のようです。

今回は同僚のシリーズランキングトップのローブが振るわず、ソルベルグ、マーチン、グロンホルムが相次いでリタイアするといった巡り合わせはあったものの、だからといって勝てるわけじゃないからなー。

それにしても現役14年目の42歳。全盛期に比べれば体力も動体視力も衰えているだろうに(と、我が身を振り返る....。ちなみに私はカンクネンと同い年)、どういう鍛え方してるんだか。サインツはトヨタ時代の「豪快に勝つか派手なクラッシュでリタイアか」だった頃からずっと好きなドライバーです。いやぁ、嬉しい〜。

ところで、三菱がラリージャパンに出走せず、そのまま今年の参加を見送ると新聞に出ていました。昨年一年間、WRCを休んでWRカーを開発し、今年から復帰したもののトラブル続出で完走もままならないラリーが多くて苦しいシーズンを送っていたのに加えて本業が厳しい状況なのでやむを得ないのかもしれません。が、せめてラリージャパンには出て欲しかったなぁ...。ESPNの番組の中では福井さんが「一種のバッシングともいえる中での宣伝広報活動の自粛というのが真相かも」という表現をしていましたが、であればこそ、出て欲しかった。しかしなぁ、一般のマスコミはモータースポーツに冷たいからなぁ....。

来年は復帰する予定だそうだけど、その来年はフォードが居なくなるかもしれないという話もあるとなれば、なおのこと、強いミツビシの復活を心から祈ります。スバル、シトロエン、プジョーの3つしかワークスが居ないんじゃ、イマイチ面白みに欠けるもんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.06.14

おめでとう>チーム郷

ル・マンの夜が明けると、チーム郷のアウディ5号車がトップに立っているじゃないか....。アウディUK88号車に何があったんだろう?? ESPNのぶつ切り中継では流れがよくわからん(^^;

2台は同一周回・30秒差。残り1時間をこんなにドキドキしながら見たのは、数年前、TOYOTAがゴール2時間前までトップに居ながらトラブルで後退したときと、その翌年、再びTOYOTAが残り1時間、同一周回の2位で猛然とプッシュしていたときにタイヤがバーストして涙を飲んだ、あのとき以来。

残り3時間でのピットアウトの際、給油ノズルを抜くのが一瞬遅れて漏れたガソリンに火がつき、ドライバーがクルマから離れたときは「今年も運がないのか....」と絶望的になったけど、今年は違った。すぐに消し止められ、他のピット前に止まったマシンにクルーが手を貸したのに対してのペナルティもなく、以後はほぼ順調。終了間際はアンダーがひどかったそうで、ヒヤヒヤもんでありましたが。

いやぁ〜〜〜。良かった良かった。
これまで、ル・マンでは不運なトラブル続きで苦労してきたものなぁ。

日本チームとしてはマツダ以来のウイナー。日本のプライベーターが勝ったのは、もちろん初めて。ドライバーの荒は関谷さん以来の日本人ウイナー。同じくドライバーのトム・クリステンセンは、ル・マン5連覇。あのジャッキー・イクスの通算6勝に並んだそうな。とんでもない....。そういう、とんでもないドライバーと強いマシンが揃っていても勝てるとは限らないのがレース、ましてやル・マン。いやいや、ほんとによかった。

解説の本山が「人のことなのに、なんでこんなに応援してるんだろ」って言ってたのが笑えた(^^;

例年、最後の10分ほどはコース脇のオフィシャルがフラッグを振ってパレード走行となるのが、今年は違うチームの2台が競っていたため、24時間めいっぱいレースしていました。最初は「ワークスが居ないル・マンってどうなのよ??」と思っていたものの、終わってみれば最高に面白いル・マンでありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.06.13

ル・マン24時間

今年のル・マンの中継は例年のようにテレビ朝日でやらないようで、ESPNかPPV(こちらは放送も24時間)でしか見られないのね。さっき、ESPNでスタート後1時間までの放送を見たけれど、今年はワークスが参加せず、すべてプライベーター。ただ、このところ図抜けて速いアウディのマシンは4台走っているので、順当に行けばその中からウイナーが出ることになります。それでも、なんたって24時間。その間になにがあるか分からないのではあるけれど、アウディのマシンは壊れないからなぁ....。

と思っていたらアウディUKの2台のうちの1台(何号車だったか...)がフォーメッションラップ中から青白い煙を出していて不穏な雰囲気。チーム郷のアウディも一時コース上でストップしたもよう。チーム郷はこれまで苦労しながらも着実に戦闘力のある体制を整えてきて、今年は優勝候補にも挙げられていただけに残念。ちょっと応援してるんだけどなぁ。もう1つの日本勢、アドバン近藤の童夢・無限9号車も7周目(だったか)にピットイン。ルーティンのピットストップとは思えないので、これまた何か起きているか起きつつあるのか。

あ、そうそう。
フェラーリでWRCの元チャンピオン、C.マクレーが走ってるのね。
応援しちゃうぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)