クルマ

2009.10.27

これでATと先立つものさえあれば……(^^;

前略 アバルト様

免許取り立ての私が1.2Lのシビックをヨタヨタと転がしていたころ、格好ええなーと思っていたアウトビアンキ・A112アバルトの、「あの」アバルト様のディーラーが、一昨年でしたか、環七と中原街道の交差点近くに忽然と現れたときはひっくり返りそうになって(運転中だったので、ひっくり返ると危険(^^; )驚いたものです。アバルト様が復活されておられたとは、ちぃーとも存じ上げておりませんでした。

かつてのチンク・チェントの現代版、フィアット500が出たときはまだ冷静でした。グランデ・プントが出たあたりで、趣味としてですが競技をしていた昔の血がムズムズし始めますが、いかんせんATしか乗れない身ゆえ、IRCでの勇姿をスカパーで見ては騒ぐ血を収める(逆効果??)のがいいところでして。

そこへ来て、500アバルトです。
1.4L DOHCターボ(135ps/5500rpm、21.0kgm/3000rpm)です。
そして、やはりと申しましょうか、5速MT。
先ほども申しあげましたが、わたし、ATしか乗れません。

その昔に乗っていた、ジムカーナ仕様のEP82スターレットGT(1.3L DOHCターボ 135ps/15kgm?)が、これまで乗り継いできたクルマ達の中で最も楽しかった思い出がございます。500アバルトはスペック的にEP82GTとほぼ同じ。最大の違いはトルクでしょうか。21kgmには驚嘆いたしました。しかも3000rpmで。これがそそられずにおられましょうか。

いろいろと書き連ねてしまいましたが、現時点でATが搭載されていない以上、私は乗れませんし、それ以前に先立つものもございません(きっぱり)。EP82GTは100万台半ばで買えたんですが。ああ、一緒にしてはいけませんね。なんたってサソリですものね。大変失礼いたしました。

将来、もしATが設定されて、さらに手動運転装置を付けてロードテストなんかやりたいかなー、などと何かの拍子にアバルト様がお考えになることがございましたら、ぜひともご一報くださいますよう、お願い申しあげます。全身全霊を掛けて乗りたお...いえ、レポートを上げさせていただく所存でございます。

では、ご連絡をお待ちしております。

草々

ABARTH Official web site

WebCG アバルト500(FF/5MT)【短評】

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.06.22

東京都の自動車税・自動車取得税の減免制度が変わる

障害者手帳を持っている人などが所有するクルマの自動車税と自動車取得税は、申請すると減免を受けることができます。このうち自動車税の減免は、毎年春頃に提出する「現況届」で所有車両の変更の有無・障害の変化・入院していないかどうかなどを申告し、6月になると当該年度に減免が適用されるかどうか決定通知書が送られてきます。

で、今年も減免決定通知書が送られてきましたが、同封されていたペラによると平成21年度から東京都における自動車税・自動車取得税の減免制度が変わり、減免額の上限が設定されたとのこと。

詳しくは東京都主税局の資料(PDFファイルが新しいウインドウで開きます)を見ていただければ分かると思いますが、要するに、自動車税に関しては「減免は45,000円を上限とし、本来の税額との差額は納めるように」ということ。取得税については少しややこしいので、前述のPDFファイルをご覧ください。

これまではどんなクルマであろうが全額が減免されていたんですが、今後は、排気量が2.5〜3L未満(自動車税51,000円)以上のクラスでは「税額ー45,000円」を納めることになります。排気量2.5L以下のクルマの自動車税額は減免上限額とは同じ、もしくはそれ以下なので全額減免。

大排気量のクルマを購入・維持できるような経済状態なら差額ぐらい払えるでしょうから、今回の制度変更はまったく問題ないと思います。税金払って好きなクルマに堂々と乗りましょう。R35 GT-Rでも納める自動車税はハイオク満タン2回分ぐらいです。ちなみに、「車体の形状が車いす移動車などの自動車については引き続き全額減免」とのことなので、リフトを備えたクルマなんかは大排気量でも安心です(たぶん)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.06.10

姉さん、事件です。

いや、私に姉はいませんが。

金曜日の夕方、でかけようとしたらクルマのフロントウインドウがなんかヘンな感じ。前に回って見てみると....。なんじゃこりゃー(by 松田優作)、割れとるやないか〜〜〜。うーむ、なにがどうなってこうなったのか皆目見当が付かないけれど、あとあとのために写真を撮っておいたほうがいいよね。部屋からカメラを持ってクルマへ引き返したところ、前自治会役員と現役員のおばちゃんに偶然出くわして、これ幸いと事情説明をする。残念ながら何も気がつかなかった、というか今気がついたとのことだったのだけれども、話している最中に「あら、屋根に石があるよ」。えーっ。わたしゃ車いすなもので、見えない屋根の上のことまでは気が回らなんだ。

写真:石(?)で割れたフロントウインドウ
▲幸い(?)雨漏りするような割れ方はしていなかった

屋根の小石は謎だけど、前回、クルマででかけたときに跳ね石を食らったのに気がつかなかったのか、それともどこかの誰かのしわざか、もしかしてひょっとしてカラスが遊んだ結果か....。ま、答えの出ないことを考えてもしょうがないので、とりあえず警察に被害届を提出。クルマを見た警官も「う〜〜ん、跳ね石のようでもありイタズラのようでもあり...微妙ですねえ」という反応。屋根の小石と割れたフロントウインドウに関連があるかどうかも不明。跳ね石なんかなかったという確信もないのだよなあ。たぶん割れてなかったとは思うけど、謎。だれかに恨まれるようなこと、私はしてないよねえ?? なんてことまで思ったりして。ま、恨みでやったにしては割れ方が中途半端だから、この線はないだろ。ないよね。

で。
今日になって新たな展開。
屋根の小石を発見してくれた前役員さんが井戸端会議中だったので挨拶すると、同じ駐車場内で投げた石(だろう)による傷があちこちにあるのが他のクルマで発見され、被害届が出されたとのこと。改めて私の車をよく見てみると、ボンネットのほぼ中央に小さなくぼみを発見。あー、こりゃ石だな。警察でも、今日の件と私の件がリンクされたようだけど、まずは自治会で対応を、ということになったようです。とはいえ、この集合住宅に住んでいる誰かという確証もいまのところないんですけどね。町会まで話が行くのかなあ。なんにせよ、心当たりのあるお宅で、当人へ厳しく対処していただいて「2度目」が起きないようにしてもらえれば、それで結構です。クルマは保険で直る。

長いことクルマに乗ってきて、これまで競技中の破損や、追突されたり自爆による破損はあれど、いたずらの類でクルマに傷がついたのは初めてです。だけど、自分でもびっくりするくらい何とも思っていない。ほんとに私ゃクルマの美観に興味がないのね...。いやいや、フロントウインドウが割れているのは美観の問題じゃないんだけど。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.12.07

たまには洗車するものだなあ

昨年8月から1度も洗車をせずに青空駐車していると、さすがに水アカと泥・砂などでドロドロになるもんです。通りかかる子どもに落書きされたりもする(^^;

クルマをピカピカに保つ趣味はまったくないけれど、これはいくらなんでも汚れすぎだろうと、ワックス掛けと水アカ落としがいっぺんにできるというのを2ヶ月ぐらい前(!)に買ったものの気分がのらずに放っているうちに寒くなってきて、いよいよ億劫に。せめて洗車だけでもするかとガソリンスタンドに行ったら、あまりの汚れ方に水アカ落としのあとにコーティングをするコースを勧められました。

うーん、どうしよっかなー。5,000円ぐらいかかるし、どの程度きれいになるかわかったもんじゃないし、コーティングしてもそのうち剥がれるし(などと思うから汚れたままなんだが)、で迷いつつ「わりときれいになるならお願いするけど?」「自信を持ってお勧めできます(きっぱり)」とスタンドのお兄さんが断言するのでやってもらいました。寒い中、自分で磨く気が失せつつあったし、もしもソコソコきれいになったらめっけもんだしな(←まだ信じていない)。

iPodを持ってくるんだったと後悔しながら待つこと数十分。
なんということでしょう...(古い)、と言いたくなるほどピカピカになって作業終了。
新車みたーい。風景が映り込むボディを久しぶりに見た(^^;
というわけでENEOSの洗車は優秀でした。これなら半年に1回ぐらいやってもいいかな。
次は内装の清掃を頼んでみるかね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.07.19

ドアミラーの修理完了

注文していたラウムの左ドアミラーが入荷したとの電話をもらったので午後からディーラー(以前から付き合いのあるカローラ店)へ行ってきました。ほんとは雨で肌寒かったから引きこもっていたかったのだけど、そうすると向こう1週間ほどいけなくなりそうな空模様のため仕方なく。定期点検や車検の際にはクルマを取りに来てもらっているのでディーラーに行くのはずいぶんと久しぶりのような気がするなあ。道中、回り続けるモーターがうるさくてかなわん。

作業を待っている間、ロビーに置いてあるクルマを見てましたが....。うーん、欲しくなるクルマが見事にありませんな。使い勝手を優先すると、みーんなミニバンかミニバン風になっちゃうんだねえ。って、ラウムは大きく分ければミニバン風。車いすの積み降ろしの使い勝手をまさに優先した結果。なーんだ。

さて修理はあっさりと終わり、お代は金27,000円也。ううう。せっかく直したのだからと、必然性まったくなしにミラーをたたんでみました。わーい(←やけくそ)。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006.07.14

トヨタの修理をする

...といっても、リレーロッドの強度不足を知らんぷりしていたトヨタの体質改善に乗り出すというわけではなく、いま乗っているラウム君の修理のおはなし。

おとといだったかな、ドアミラーをたたむスイッチを押したら、左側のが「キュリキュリキュリキュリキュリ....」という異音を発するばかりで動く気配がない...。音の感じからしてミラー格納用のギアがちゃんと噛んでないような。このときは手でうりうりと動かしてみたら異音が止まったので「つまり、今後ミラーをたたまなければOK」と思っていたのでした。

ところが翌日、でかけようとエンジンをかけたら異音ふたたび。また手でうりうりやったら「パキッ」という音がして異音ストップ。あら、引導渡しちゃったかしらん....。それでも、「ま、右は動くんだから問題なし」という判断をくだしておでかけ。で、出先から自宅へ戻るときにエンジンスタート→またもや異音。こんどはどうやっても止まらない。叩いてみても駄目(動かない——正確には止まらない——電気じかけは、とりあえず叩くのが基本です)。うーむ、修理せざるをえないじゃないですか。格納できないだけなら修理なんてしないのに〜。鏡の向きを調整するのはちゃんとできるのに〜。

この左側ドアミラー、実は古傷があるのです。
写真:割れたドアミラー5年前の納車直後、狭い対向2車線の道でセンターラインよりに来た対向車を避けようと、ほんの少し左に寄ったら、電柱から生えているワイヤーをカバーしている黄色いプラスチック(わかります??)にミラーをヒットして割れたことがあるんですね(右の写真)。このとき、一時的に格納できなくなったためドアミラーまるごと交換を覚悟して点検してもらったところ「機構は生きているから鏡だけの交換で大丈夫」とのことで、そのほうが圧倒的に安くつくからそうしたんですが、それが5年を経ていきなり悪化した...のかね。このところの強烈な湿気のせいか?? 関係ないね、きっと。

さて部品の手配はしましたが、タイミング悪く週末にかかっちゃったので修理はおそらく来週半ば。それまでは現状のままです。キュリキュリキュリキュリ。こういう走行に関係ないところの修理ってなんか腹立つわー。むかーしダートラをやっていたときに刷り込まれた「クルマは消耗品だ」という認識のおかげで、クルマが動くために必要なもの以外の損傷には無頓着になっている私がおります。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2006.02.12

トリノといえばフィアット→アバルト

トリノ・冬季オリンピックが始まりました。トリノといえばフィアットのお膝元です。

写真:「カー・マガジン・メモリーズ・アバルト」の表紙40年代末から70年代はじめにかけて、フィアット車をベースにしたクルマを生産する「アバルト」という会社がありました。私がクルマに乗り始めたころにあこがれたA112アバルトやリトモ アバルト130TCは既にフィアットの傘下に入っていたときのもので、アバルト社時代のクルマたちを私が知るのは、ずっと後のことになります。アバルトのクルマにはサソリのエンブレムが奢られ、なんともいえない雰囲気を醸し出していました。右の画像は2001年に出た、『カー・マガジン』誌に掲載されたアバルト関係の記事を1冊にまとめたムック。

さて、私がWRCをはじめて見た(もちろんビデオで)とき、強烈な印象を受けたのが「フィアット131アバルト・ラリー」でした。そのビデオ中、131が減速→シフトダウンしているのを前方から撮っているシーンがあるんですが、そのエンジン音といったら「シュン シュン」という音で驚愕した記憶があります。クルマのエンジンから発する音とは、とても思えませんでした。

というわけで。
写真:フィアット131アバルト・ラリーのミニカー

四角いボディにオーバーフェンダー。たまりませんな(笑)。
この車両は、1979年サファリラリーで3位だった前年のWRCチャンピオン、アレン/キビマキ組の3号車(グループ4)。コンパクトになってしまった今のWRCからは想像できないくらい、このころのサファリラリーは超長距離・超高速でした。しかもコースは閉鎖されておらず、ロバに牽かれた荷車が後ろから迫るラリー車を泡喰って避けるという光景も見受けられた、そんな時代です。

このミニカーは、つい先日に衝動買いしてしまったもの(^^;
実は同時に買っちゃったのがもう1台があるんですが、それはまた後日。これまでミニカーには殆ど興味がなかったんですが、調べてみると70〜80年代のラリー車のミニカーがけっこう出ていて危険がアブナくてしょうがありません(^^;

コレクター癖はないはずなんだけどなぁ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)